症例報告

慢性的に肩が重く、偏頭痛がある(20代女性)

慢性的に肩が重い感じがある。特に左右差はないが、疲労がたまると肩がつらくなってくる。首や肩がつらくなると後頭部を中心とした頭痛が起こる。始めは重い感じだが、だんだんとズキズキした痛みに変わる。以前に頭痛外来にいき、偏頭痛と診断された。

根本的に何とかしたいと考え、インターネットで検索して来院。

<初診時状態>

・左右ともに肩が前に入っている

・頭の位置が大きく前方に変位している

・胸の筋肉がかなり縮こまっていて、伸ばそうと思ってもなかなか伸びない

・首の上部のズレ

 

<経過>

初回は姿勢を正すと同時に、柔軟性を取り戻す治療を行った。

治療後は肩がかなり軽い感じに。頭痛は様子を見てもらう事に。

2回目(1週間後):肩は少し戻ってきたが、頭痛は変化なし。胸鎖乳突筋という首の前側の筋肉をしっかりアプローチ。

3回目(1週間後):肩は軽い状態が続いている。頭痛も1週間の中で一度だけ。

4回目(1週間後):頭痛なし。肩は少し張っている。状態も良さそうだったので少し治療間隔をあけてメンテナンスしていくことに。

 

担当 小幡コメント

偏頭痛と診断されたとのことでしたが、首の筋肉の緊張による緊張性頭痛の要素が強いと判断して治療を行いました。特に胸鎖乳突筋という筋肉の緊張による頭痛のようで、この筋肉をしっかり緩めたところ頭痛もだいぶ軽減しました。

肩こりはどうしても疲れがたまると出やすいようですが、自分でもストレッチをやって身体を柔軟な状態に保つことが肝心です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。