症例報告

仕事もつらいほどの強い頭痛が出てきた(30代男性)

昔から頭痛もち。1週間前から強い頭痛が出てきた。今回思い当たるようなきっかけはない。病院でもらった偏頭痛用の薬を飲んでいて、今は薬が効いているので多少楽だが、薬が切れると強い頭痛に襲われる。
頭痛は突発的に起こり、なんとなく頭痛が出そうな前兆のようなものがあり、そのあと頭全体が重たいような感じになる。それがひどくなるとズキズキに変わる。
最近、肩こりも気になるようになってきた。

今日はあまりにつらくて仕事を休んでしまい、何とかしようと思いインターネットで検索してサンフラワーカイロプラクティックへ来院した。

<初診時状態>
頭痛
・首の可動域が狭く、左右横に倒す動きが著しく制限されている
・肩の筋肉を押すと、頭全体に響くような痛みがある
・両肩が前に出ているのと、重力線からみて頭の位置が5センチほど前に出ている

 

 

 

 

 

<経過>
肩こりからくる緊張性頭痛が主にあり、さらに偏頭痛もあるいわゆる混合性頭痛の状態で、今は緊張性頭痛の要素のほうが強いと考え施術を開始した。
初回はまず肩や首周りの緊張を取るために、肩甲骨の可動性を付ける施術や姿勢を改善するストレッチ、背中と首の矯正を行った。
施術後は肩が楽な感じに。今は頭痛薬が効いているので、頭痛は様子を見てもらう。

2回目(4日後)。頭痛の頻度が大幅に減った。継続してアプローチ。

3回目(1週間後)。頭痛は全くない。肩も前より楽。

その後は3~4週に一度程度、メンテナンスで施術をしている。

担当 小幡コメント

肩と首の筋肉が強く固まっていることが原因の緊張性頭痛と、自律神経的な乱れによる偏頭痛の両方があると考え施術しました。緊張性頭痛の要素が強いと思われたので、姿勢を改善して首や肩の筋肉への負担を減らすことを目標にし、施術を行いました。
仕事も休んでしまうほどの頭痛だったので、ホントつらかったと思います。今は快適とのことで一安心ですが、ストレッチなどで姿勢を維持できるようにしておくのが頭痛予防に効果的です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。