症例報告

肩から肩甲骨あたりがとにかく張って痛い(30代男性)

20代後半から、デスクワークをしていると肩から肩甲骨にかけて張って痛むようになった。学生時代はそれほど肩こりなどを感じたことはなく、ここ数年でこの症状が出てきた。特に肩甲骨内側あたりが張り、長時間デスクワークをしていると痛みに変わる。

仕事をしない休日はそれほどでもないが、仕事をすると一時間もしないうちに痛みが出てきてしまうので、インターネットで検索して来院した。

 

<初診時状態>

・両肩が前に出た姿勢で背中がかなり丸まっている

・肩の可動域を見ると、肩甲骨が動きが悪くなっているのがわかる

・背中の上部が丸まっており、背骨の関節が固まりすぎてうまく背中を伸ばせない

 

<経過>

姿勢の問題と柔軟性の問題に対してアプローチした。

初回は肩甲骨と背骨の可動性を高める施術をメインで行った。肩甲骨を回すように動きをつけていき、丸まった背骨を立たせるようにストレッチしながら背骨の可動性をつけていく施術を行った。さらに背骨の矯正と胸の筋肉のストレッチなどを行った結果、かなり軽い状態になった。

2回目(1週間後)。2日くらいは調子が良かった。継続して治療。ストレッチを処方。

3回目(1週間後)。辛くなる前に自分でストレッチすれば、何とかいい状態を保てるようになった。追加のストレッチを教える。

4回目(2週間後)。しばらく出張続きだったが、比較的調子は良い。

だいぶ筋肉の柔軟性も出てきていたので、その後は2~3週に一度くらいの頻度でメンテナンスしている。

 

担当 小幡コメント

姿勢と柔軟性を高めるようにしていったのですが、背骨を伸ばすようにゆっくり動きをつけていく施術が効果的でした。背中の上部(肩甲骨の間あたり)が丸まっていたので、そこを伸ばすようにアプローチしただけでもスッキリした感じがあったようで、背骨の関節を伸ばすようにしていきました。

肩こりは完全になくなるというのは難しいですが、しっかり施術とストレッチをすることで軽い状態を保ちやすくなります。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。