トップページ > 症例報告 > 慢性腰痛 > 産後、左の股関節が開くと痛いし、開かなくなった(30代女性)

産後、左の股関節が開くと痛いし、開かなくなった(30代女性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

出産後数日経ってから、どういうわけか左の股関節が開かなくなった。
あぐらのような体勢になると、左側だけ股関節が開かずに突っ立ったまんま。

無理して開こうとすると痛みがあるが、ある程度放っておくと急に動き出すこともある。
それと関係するのかしないのかはわからないが、腰が痛い。

この状態で数ヶ月経過したが、左の股関節は以前よりはちょっとだけマシな気もするが、やはり痛いし開かない。
地べたに座っていて立とうとするときに、足が変な方向に入るとかなり痛い。
整骨院に行ってみたが、ものすごい痛い施術で耐えきれなかったため断念した。
このまま放置しても治りそうな気配がないので、知人の紹介でサンフラワーカイロプラクティック横浜に来院した。

初診時状態

・仰向けで寝ている状態で股関節の可動域をチェックしたところ、痛みがない右股関節に比べて左は半分程度の可動域しかない
・無理して股関節を開こうとすると、股関節前側に激痛
・姿勢を分析すると、重心が左に偏っているのと、腰の反り返りが強く出ている
・腰を反らす動作をすると、腰の中央に痛みがある
・腹部の左側を押すと、かなり固まっていてしかも痛い

経過

股関節前側の筋肉が異常に固まっているのと、骨盤や腰椎の歪みが原因となっていると考えて施術を開始した。
初回はまず腹部の緊張を取る施術から行い、骨盤の矯正、股関節を痛みのない範囲で動きを付けていく施術を行った。
施術後に股関節の可動域を確認すると、施術前に比べて30%程度動きが改善したが、それ以上は痛みで開かない。
自宅でできるストレッチを教えた。

2回目(1週間後)。前回施術後から、日常生活での痛みはだいぶなくなった気がするが、無理して股関節を開こうとすると痛い。

その後1週間間隔で3回施術した結果、日常生活での痛みは全くなくなった。
しかし股関節の可動域の左右差が残るのと、最後まで開こうとすると痛みが残る。

少し間隔を空けながら2週間間隔でさらに5回ほど施術したところ、可動域もほぼ左右差がなくなったため、治療を終了した。

院長 小幡コメント

股関節を支える筋肉がかなり固まっていたのですが、見ていったところ産後の骨盤の開きから恥骨を痛めているようでした。
整骨院で無理に股関節を動かす施術をされたそうで、かなり恐怖心があるということでしたが、痛みのない範囲でゆっくり動かす施術をメインに行ったところ、痛み自体は比較的取れるのが早かったのですが、そこから可動域が改善するまでが時間がかかった症例です。

このタイプの症状は産後の方によくみられるのですが、私が見ている感じでは放置しておいても良くなりません。
気になる方はお早めにご相談ください。

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > 慢性腰痛 > 産後、左の股関節が開くと痛いし、開かなくなった(30代女性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2017 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.