症例報告

腰を痛めてから右膝が痛むようになってきた(30代女性)

前から腰が悪く、時々ぎっくり腰になっていたりしたが、前回ぎっくり腰をしてから腰の痛みはなくなったものの右膝が痛むようになってきた。右膝の外側が痛むことが多く、痛いときと痛くない時がある。痛みが出る動作も決まっているわけではないが、ある程度の距離を歩くと痛みが出ることが多い。

今まで整骨院でマッサージを受けてきたが、改善が見られないために友人の紹介でサンフラワーカイロプラクティックへ来院した。

 

<初診時状態>

骨盤傾き、膝痛・今現在は膝の痛みはない

・膝を曲げ伸ばししても痛みは出ない

・骨盤が左に変位し、左の股関節が外側に出っ張っているような印象。

・右お尻の筋肉の緊張

・左足首が内側に捻じれている

 

<経過>

膝関節の問題ではなく、骨盤から足回りのバランスにより右膝外側に負担がかかっていると考え施術を行った。

初回はまず腰・骨盤周りのバランスを整え、左足首、右臀部、右大腿筋膜張筋への施術を行った。施術後は立位での姿勢に変化が見られた。来院時は膝に痛みがなかったので、これで1週間様子を見てもらう。

 

2回目(1週間後)。この1週間、膝の痛みは全くなかった。少し違和感がある程度。継続してアプローチ。

 

3回目(1週間後)。膝は全く問題なし。

その後は時々、元々弱い腰など全身的にメンテナンスで施術を行っている。

 

担当 小幡コメント

画像の通り、右足に荷重がかかるような体勢になっていたために、右膝に負担がきたものと考えられました。特に問題が大きかったのが骨盤と左足首で、これらの捻じれが右膝に負担をかけていました。これらを改善していくと膝の痛みは出なくなりました。

腰回りはバランスが悪く、ぎっくり腰を繰り返すというのもよくわかるような症例でした。今は時々メンテナンスで施術をしているのと、自宅でストレッチをしてもらい腰のほうも調子は悪くないようです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

メルマガ登録はこちら

当院からお得な情報をお伝えするメルマガです。是非ご登録ください(無料です)


すぐに確認メールが来ますので、確認メールに記載されているURLをクリックすると登録が完了します。(携帯アドレスの方は、sunflower-chiro.comからのメールが届くようにドメイン許可設定をしてください)

フェイスブックでのお知らせ

フェイスブック