症例報告

1週間前に寝違え。その後、よくならない(30代男性)

1週間前に寝違えて、左の首から肩が痛くなった。時々寝違えがあり、いつも2,3日でよくなっていたので放置していたら、全然よくならない。

特に左を向く動作と上を向く動作が痛い。強く痛むわけではないが、よくならないために紹介でサンフラワーカイロプラクティックへ来院。

 

<初診時状態>

・首の位置が前に突出しており、さらに肩の位置も前に入っている

・頸椎下部の関節に強い引っかかりがある

・胸を張ったような姿勢で首を動かしてもらうと、左を向いたり上を向く動作が向上する

 

<経過>

元々の姿勢の悪さから首に負担がかかっているとの、頸椎下部の関節がズレてロックしているために痛みを起こしていると考え治療を行った。

初回は胸を開くストレッチ、肩甲骨の可動域をつけるテクニック、頸椎下部の矯正を行った。

治療後は左を向く動作で痛みがなくなり、上を向く動作も8割くらい改善。

2回目(5日後)。だいぶよい。上を向く動作のみ少しだけ痛みが残る。施術後は痛みがなくなったので、自宅でできる予防法のストレッチを教え治療を終了した。

 

担当 小幡コメント

頸椎は7個の骨からなり、関節を形成していますが、この方は頸椎の下部の関節がズレてロックしていたために痛みが残っていたようでした。そのため頸椎の矯正を行い、姿勢の改善をするテクニックを用いたところ、痛みは消えました。

何日も放置しておいても良くならない場合、自力での自然治癒は難しいことがあります。ちょっとした歯車の狂いからこのような症状が起こることも多いので、問題が複雑化する前にカイロプラクティックに行くことをオススメします。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。