トップページ > 症例報告 > 慢性腰痛 > 元々腰の張りがあったが、数日前から急にひどくなり、足のほうまで痛みを感じる(30代女性)

元々腰の張りがあったが、数日前から急にひどくなり、足のほうまで痛みを感じる(30代女性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

2012年05月22日 category : 慢性腰痛, 症例報告, 腰痛 

営業職で歩くことが多いが、元々腰に張りが出やすかった。数日前に腰の張りが強くなり、朝起きたときに強く腰が痛むようになった。さらに両足太もも裏あたりまで鈍痛がするようになり、今までの中で一番つらい。

腰は最初左側に痛みがあり、その後左足、右足と症状が広がっていったように思う。今までにない症状で心配になり、インターネットで検索して来院した。

 

<初診時状態>

・右に身体を倒したとき、後ろに反らせたときに腰の張りを感じる。

・足挙げ検査をすると、両側ともに太もも裏(ハムストリング)が著しく硬く伸びない

・姿勢の状態は以下の通り
骨盤と第5腰椎の間が反り返っている。腰が左側に倒れるような形になっている。

 

 

 

 

 

<経過>

骨盤の歪みで負担がかかっていることと、足の張りが強いのを改善するようにアプローチした。

初回は太もも裏をまず緩め、骨盤と第5腰椎の間を広げるようにアプローチ。左右の偏りを取るような矯正と、反り返りの原因となっている腹筋の奥にある筋肉へのアプローチをした。治療後は反らしたときの痛みと右に身体を倒したときの痛みが60%軽減。

2回目(5日後)。前回よりも状態はよく、腰の張りはまだあるが足の痛みは感じない。継続して治療。

3回目(1週間後)。だいぶよい。姿勢を見ると腰の反り返りが残るが、話を聞くとハイヒールで歩くことが多く、どうしても負担がかかりやすいようだったので、一か月に一度くらいメンテナンスを提案。

その後は3~4週に一度くらいメンテナンス治療に来院している。

 

担当 小幡コメント

ハイヒールを履くと、どうしても骨盤と第5腰椎のところが反り返りやすくなります。また足への負担も大きいためそれが何らかのきっかけで症状が強く出たのでしょう。

どうしても仕事柄ハイヒールを履く必要があるそうなので、負担がかかりやすい部分のストレッチ法を教え、ストレッチでは対処できない部分は定期的にメンテナンスしているという症例です。

 

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > 慢性腰痛 > 元々腰の張りがあったが、数日前から急にひどくなり、足のほうまで痛みを感じる(30代女性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2012 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.