症例報告

しばらく首が不調だったが、今朝寝違えたかのように痛くて首が動かせない(30代男性)

しばらくずっと首と肩が強く凝っている状態なのが気になっていた。
今朝、起きたら首がものすごく痛く、首の右側~肩に掛けて痛む。
特に右を向く動作と、上を向く動作が痛い。

早く改善したくて、知人の紹介でサンフラワーカイロプラクティック横浜に来院した。

初回の状況

・首の可動域を確認すると、右を向く(右回旋)、右に倒す(右側屈)、上を向く(伸展)が制限があり痛い
・肩の位置をやや後ろに引き気味にして胸を張った姿勢にしてもらい、痛みがある動作をしてもらうと、可動域が50%くらい増す
・首の前側を押しながら痛む動作をしてもらうと、痛みをあまり感じない

経過

首と肩甲骨を結ぶ筋肉を痛めているものの、主な原因は首の前側にあると考え施術を行った。
初回はまず、骨盤を整える施術を行い、次に肩の位置が前に入り過ぎているところをストレッチしながら調整。
肩甲骨の動きを良くする施術を行った後、首の前側を緩める施術を行った。

施術後に確認してもらったところ、右を向く(右回旋)と右に倒す(右側屈)は70%くらい改善。
上を向く(伸展)は50%くらいの改善だが、だいぶ動きやすくなったとのこと。

2回目(2日後)。前回施術を受けて、翌日昼くらいにはだいぶ元通りになった。
多少張りを感じるので、念のため来た。

元々の首肩の不調に関わるところへアプローチを行い、予防法のストレッチを教えて施術を終了した。
それ以降は不定期にメンテナンス目的で来院している。

院長 小幡コメント

首と肩を結ぶ肩甲挙筋を痛めているものと思われますが、痛めている筋肉よりも、関連する姿勢や筋肉を調整することで症状が取れていった事例です。
寝違えの場合、痛みを起こしている部分を直接緩めようとすると、だいたいはいいことがありません。
むしろ悪化するケースもあるほどです。

この方は、寝ている姿勢だと思いますが、首の前側の筋肉が強く緊張してしまい、首の後ろ側を強く引っ張った状態で固定してしまったことが痛みの原因でしたので、首の前側を調整して痛みはかなり消失しました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。