症例報告

現場作業をして腰を痛めた(40代男性)

昨日、現場作業で引っ張ったり押したりする作業を繰り返したところ、右側の腰に痛みが出てしまった。
今まで腰や肩が凝る感じはあっても、腰痛は初めて。
安静にしている分には痛みが無いが、右足を動かす動作があると右腰に痛みが出る。

インターネットで検索してサンフラワーカイロプラクティック横浜に来院した。

初回の状態

・姿勢を見ると、腰の反り返りが見られ、重心が大きく右側に偏っている
・可動域検査をすると、腰を反らす動作で右腰に痛みがある
・股関節の可動域をみると、腰に痛みはないものの、可動域が大きく制限されている

施術

腰の関節が接近するような形で痛めたものとみて施術を開始した。

まず最初に足回りを緩和していき、骨盤をブロックで調整。
股関節を柔軟にする施術を行い、腰の関節への矯正。

背中と関係する首の緩和を行った。

施術後に立ってもらい足踏みしてもらったところ、右足を動かしても痛みがなくなっていた。
一旦これで様子を見てもらい、痛みが続くようであればまた連絡してもらうことに。

院長 小幡コメント

腰の関節は前屈・後屈方向に動きやすい構造になっていますが、押したり引っ張ったりする作業の連続で、腰の関節が接近するような形で痛めたものと考えられました。
元々身体の柔軟性もよくないようで、股関節周りをしっかりと動くように調整し、腰の接近し過ぎた関節への矯正を行ったところ、施術後には痛みがなくなりました。

重症というほどではないにしろ、今までなかった痛みが出るとやはり不安なものです。
早期改善できたようですが、普段からストレッチなどをしておくことが予防になるでしょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

メルマガ登録はこちら

当院からお得な情報をお伝えするメルマガです。是非ご登録ください(無料です)


すぐに確認メールが来ますので、確認メールに記載されているURLをクリックすると登録が完了します。(携帯アドレスの方は、sunflower-chiro.comからのメールが届くようにドメイン許可設定をしてください)

フェイスブックでのお知らせ

フェイスブック