症例報告

【いつもと違う頭痛】は要注意なのです。

当院では様々な症状を持ってくる方がいますが、頭痛の方は多いです。
頭痛といっても片頭痛もあれば筋肉のコリから来る頭痛もありますが、クモ膜下出血でも頭痛が起こりますし、その他カイロプラクティックの範疇ではない頭痛もあります。

そんな中、要注意なのは【いつもと違う頭痛】です。

いつもと違う頭痛

いつもと違う頭痛を訴えてくる場合、要注意サインです。
これはいつもの頭痛の原因とは異なる可能性があるというサインだからです。

私の経験上、いつもと違う頭痛を訴えてくる場合、いろいろと質問させていただきます。
どのように痛いのか、ずっと痛いのか、ほかにめまいや吐き気、嘔吐などが伴っていないかなどなど・・・

カイロプラクティックではいわゆる医学的な診断をすることはできませんが、それでもカイロプラクティックの範疇ではない頭痛をピックアップしていくことは重要です。

過去にあったケースですが、クモ膜下出血が疑われたケースもありました。
そういう場合はまずは病院で検査が先決です。

クモ膜下出血だと意識レベルの障害もでますが、出血が脳に吸収されると痛みが和らいできたりする場合もあります。

あと意外と多いのは、帯状疱疹による頭痛です。
これはお話を聞いているとだいたいわかります。
これもカイロプラクティックで施術することで改善する可能性があるわけではないので、施術せずに病院に行ってもらいます。

ほとんどの頭痛はカイロプラクティックで改善しますが

世の中にある頭痛の多くは片頭痛だったり緊張性頭痛だったり、これらの混合性頭痛だったりなどです。
これらはカイロプラクティックで改善が見込める頭痛なので、お話を聞いて危険な兆候などが出ていない場合は施術を行います。

よく【頭痛は治りますか?】と聞かれますが、多くの場合は改善します、という答えになります。
カイロプラクティックでは改善しない頭痛もあり、それが上で挙げたような危険な頭痛です。

長年やっていると、ごく稀ですが危険な頭痛やカイロプラクティックの範疇ではない頭痛を持って来院される方もいます。
これらはどんなに優れた治療家でも、手技療法では治せません。

頭痛なら必ず効果が出ます!と謳う治療院もありますが、頭痛ってそんなに単純ではありません。
絶対に手技療法では治せない頭痛もあるということです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

Related Posts (YARPP)

メルマガ登録はこちら

当院からお得な情報をお伝えするメルマガです。是非ご登録ください(無料です)


すぐに確認メールが来ますので、確認メールに記載されているURLをクリックすると登録が完了します。(携帯アドレスの方は、sunflower-chiro.comからのメールが届くようにドメイン許可設定をしてください)

フェイスブックでのお知らせ

フェイスブック