症例報告

昨日寝違えして、右首が痛い(30代女性)

昨日、朝起きたら寝違えで首が痛くなった。
そのまま仕事に行ったら、見る見ると首が動かなくなり、なおかつ痛みがひどくなってきた。

今日は昨日よりはマシだが、右を向く動作、上を向く動作がほとんどできない。
とてもじゃないけど仕事に行くのもつらいので、会社近くの整体に行ったら余計痛くなった。
そのため仕事を休んでサンフラワーカイロプラクティック横浜に来院した。

初診時状態

・姿勢を見ると首と肩の位置が前に入っている
・首を右に傾ける、右を向く、上を向く動作はほとんどできない
・少し背伸びをするように胸を開いて、右を向く動作をすると可動域がかなり良くなる
・胸を開いた姿勢でも上を向く動作だけは変わらない
・股関節のストレッチをすると、少しだけ上を向きやすくなる

経過

右の首から肩甲骨にかけてついている筋肉を傷めている状態と考え施術を行った。

初回はまず腹部の施術から始め、腹筋の奥にある筋肉を緩めた。
その後、肩が前に入っている状態を調整するため、肩のストレッチと脇の下の筋肉を緩めた。

この時点で首を動かしてもらったところ、右を向く動作と右に傾ける動作が30%程度可動域が上昇し、上を向く動作も少しだけできるようになった。
首の痛いところは触らずに、首の前側の筋肉を緩める操作をしたところ、可動域が全体的に上昇。

2回目(2日後)。前回治療後、治療前よりも首が動くようになり、翌日には痛みが40%程度減。
継続してアプローチ。

3回目(2日後)。ほとんど問題なく首が動くようになったが、首全体的な張りが強い。
背中への矯正を行い、再度確認してもらったところ張りも減少。

4回目(1週間後)。元通りになった。
普段からできる再発防止のためのストレッチを教えて治療を終了した。

院長 小幡コメント

寝違えして整体に行ったそうですが、痛い部分をゴリゴリ押されたら余計悪化したとのことでした。
こういうケースでは、痛みを起こしている部分は炎症を起こしているので触らずに、ほかの関係するポイントから施術していくことが大切です。

腹部がどう関係するのか半信半疑だったようですが、こういうケースでは腹部の筋肉も関わっていることがあります。
実際に腹部を緩めただけでも首が動きやすくなっていたりしたのでビックリされていたようですが、この方でポイントになったのは腹部、脇の下、首の前側でした。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

メルマガ登録はこちら

当院からお得な情報をお伝えするメルマガです。是非ご登録ください(無料です)


すぐに確認メールが来ますので、確認メールに記載されているURLをクリックすると登録が完了します。(携帯アドレスの方は、sunflower-chiro.comからのメールが届くようにドメイン許可設定をしてください)

フェイスブックでのお知らせ

フェイスブック