妊娠中でお尻が痛い(30代女性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

妊娠7ヶ月。3週間くらい前から右のお尻が痛くなった。
仰向けで寝ていたり、座っていると右お尻が痛む。それがひどくなると右足首あたりに痺れを感じる。
近所の整骨院に行ったが、その場は気持ちよかったが症状自体は変化がなかった。
トコちゃんベルトは使っていない。

どんどんひどくなってきているように感じるので、インターネットで検索してサンフラワーカイロプラクティック横浜に来院した。

<初診時状態>
・姿勢を見ると、右骨盤が外側に広がっている。
・可動域を検査すると、身体の前屈や後屈では痛みはなし。仰向けで膝を抱えるような姿勢になると右お尻が痛む。
・股関節の外側を押しながら膝を抱えるような姿勢を取ると、全く痛みがなくなる。
・右お尻の筋肉を押すと、ふくらはぎから足首あたりまで痺れがある。

<経過>
左右の骨盤の開き具合が違うため、大きく開いている右骨盤を支えるために右お尻の筋肉に負担がかかったと考え施術を行った。
初回はまず足回りの筋肉を緩めていき、優しい力で右骨盤を少し閉める方向へ圧をかけ骨盤の調整。
骨盤外側の筋肉に強い緊張があるので、骨盤外側の筋肉をしっかり緩める。
施術後に最初に痛みがあった膝を抱える姿勢を取ってもらったところ、痛みはほとんどなくなった。

2回目(1週間後)。寝ているときの痛みはなくなり、快眠できるようになった。長時間座っていると痛みがある。

3回目(2週間後)。前回治療後から長時間座っていてもほとんど痛みはなかったが、昨日痛くなりそうな感覚があったので念のため来院。
骨盤の外側に強い緊張が出ていたので施術。また最近息苦しいとのことで、肩甲骨を開くような施術をしっかり行った。

それ以降は身体の状態に合わせて、なんとなくおかしい感じがするときに不定期に来院。

院長 小幡コメント

出産に向けて骨盤が少しずつ広がっていくのですが、左の骨盤に比べ右の骨盤が外に開くのが早すぎる状態でした。
骨盤が広がると、関節がグラグラになります。それを支えるためにお尻の筋肉が緊張して安定性を取ろうとしますが、お尻の筋肉の緊張度が高くなりすぎて痛みを起こしている状態でした。
足首まで痺れることもあるそうですが、これはお尻の筋肉に出来たトリガーポイントによる関連痛でした。
トリガーポイントと言うのは、筋肉が強く固まりすぎるとシコリのようになり、それがシコリから離れたところまで痛みや痺れを出す性質があります。

骨盤の状態が悪かったので痛みが取れるまで時間がかかるかと思いましたが、比較的早く改善した症例です。

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2016 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.