トップページ > 症例報告 > ぎっくり腰 > ぎっくり腰のあとから両足が痛い。坐骨神経痛と言われた(30代女性)

ぎっくり腰のあとから両足が痛い。坐骨神経痛と言われた(30代女性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

3週間前にぎっくり腰になった。そのときは1週間ほど会社を休んで安静にして腰の痛みはほとんど良くなったが、そのあとから両足が筋肉痛のような痛みが続いている。
両足の痛みはお尻からふくらはぎにかけて、左右同じくらいある。特に朝がきつく感じる。
整形外科で見てもらったところ、坐骨神経痛と言われ薬をもらったが全く改善しない。
特定の動作で痛みが出たりなどはない。

とにかく両足がきついので、会社の同僚の紹介でサンフラワーカイロプラクティック横浜に来院した。

<初診時状態>
・姿勢を見ると、腰が反り返って後ろ重心になっている。
・可動域を検査すると、前屈時にお尻から足までピーンと張るような痛みがある。
・股関節の可動域を見ると、開脚の動作に硬さと痛みがある。
・股関節の筋肉を押すと、足先まで痛みが広がる。
・現在は腰痛は全くない。

<経過>
ぎっくり腰の時に腰と股関節のバランスを崩し、股関節に無理がかかって足まで痛みを起こしていると考え施術を行った。
初回はまず足回りの筋肉を緩めていき、骨盤の矯正。
股関節の可動域を上げていく施術と、股関節の押すと痛みが広がるポイントを施術。
施術後に立ってもらったところ、不思議なくらい足が軽くなった。

2回目(5日後)。前回施術後、翌朝はつらさを感じたが、昼前には不思議なくらい痛みが減った。
さらにその翌朝は少しだけ痛みを感じたが、やはり昼前には良くなった。
継続して治療。

3回目(1週間後)。前回施術してから、朝の痛みもほとんど気にならなくなった。
検査でも大きな問題はなく、治療を終了し様子を見てもらうことに。

院長 小幡コメント

坐骨神経痛というのは、筋肉や骨格によって坐骨神経が圧迫されている状態を指します。
左右ともに坐骨神経痛になること自体あまりないのと、検査をした結果股関節に問題があることがわかったので、股関節・骨盤の施術をしました。
この方の場合、腰と股関節を結ぶ筋肉がぎっくり腰の時に固まってしまい、筋肉の関連痛により足まで痛みが広がっていた状態とわかりましたので、それに対する施術を行いました。

坐骨神経痛と言われても、実際には違うケースも多々あります。
あまり良くならない坐骨神経痛でお悩みの方はぜひご相談ください。

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > ぎっくり腰 > ぎっくり腰のあとから両足が痛い。坐骨神経痛と言われた(30代女性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2016 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.