症例報告

妊娠7ヶ月。足の付け根の痛みが出てきた(30代女性)

現在、妊娠7ヶ月。
2週間くらい前より、右足の付け根が痛むようになった。
痛みが気になるのは歩いているときや、長時間座っていて立ち上がるときで、特に歩いているときは20分ほど歩くと鋭い痛みが出て休まないと歩けない。
整形外科に行ってみたが、特に出来ることはないということで湿布をもらっただけで痛みが変わらない。
トコちゃんベルトも試してみたが、あまり変わらない。

妊娠中でも施術してもらえるところを探したところ、ちょっと離れているけどサンフラワーカイロプラクティック横浜を見つけたので行ってみることに。

初診時状態

・姿勢を見ると、痛みがある右足をかばうように左足に重心がかかっている
・今現在は痛みがない
・右足で片足立ちになってもらったところ、左足で片足立ちに比べてすぐにヨロヨロしてしまう
・とこちゃんベルトを着けてもらいもう一度片足立ちしたところフラツキが収まる
・股関節の開脚動作で痛みがある
・右の骨盤が、左骨盤に比べて広がっている

経過

骨盤の不安定性から股関節を支える筋肉に負担がかかっているために痛くなっていると考え、施術を行った。
初回はまず左右の骨盤の偏りをなくすために、右骨盤をゆっくりと閉める方向へアプローチし、片足立ちで使うお尻の筋肉への施術を行った。
その後股関節の動きを調整する施術を行い、施術後はベルトなしでも片足立ちのふらつきが収まった。
トコちゃんベルトをして様子を見てもらう。

2回目(6日後)。前回施術後、帰り道は全く痛みが出なかった。
それ以降は歩ける距離も増えてきて、1時間くらい歩くとさすがに痛みが出るが、それ以下の時間だとほぼ痛みはない。

3回目(1週間後)。ほとんど痛みは出ていない。

それ以降、トコちゃんベルトを出産までつけてもらうことと、2週間に一回程度のメンテナンス治療を行って快適な状態が続いている。

院長 小幡コメント


出産に向けて骨盤が広がっていくのですが、この方は左の骨盤に比べて右の骨盤が広がりすぎていて右側が不安定になり、不安定な骨盤を支えるために筋肉に無理がかかっている状態でした。
こういうケースではトコちゃんベルトは有効なのですが、付け方が間違っていたために効果が出なかったのです。

施術では骨盤の左右差を調整し、左右を整えた状態でとこちゃんベルトで固定しただけです。
これだけで痛みは激減しました。

妊婦さん特有の足のむくみなどもかなり出ていたため、足をしっかり緩めていきました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

メルマガ登録はこちら

当院からお得な情報をお伝えするメルマガです。是非ご登録ください(無料です)


すぐに確認メールが来ますので、確認メールに記載されているURLをクリックすると登録が完了します。(携帯アドレスの方は、sunflower-chiro.comからのメールが届くようにドメイン許可設定をしてください)

フェイスブックでのお知らせ

フェイスブック