トップページ > 症例報告 > ぎっくり腰 > 昨日、段差を踏み外した際にぎっくり腰に(40代男性)

昨日、段差を踏み外した際にぎっくり腰に(40代男性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

2013年03月06日 category : ぎっくり腰, 慢性腰痛, 症例報告 

昨日、ちょっとした段差を踏み外したときに、腰にピキっときた。そのときはやばいな、と思っていたけど歩くことはできた。
その後電車に乗っていたらどんどん腰が重たい感じになり、電車から降りようとして立とうとしたらビキっときて腰が伸びなくなった。
今はだいぶ前屈みな状態でしか歩くことができない。
ぎっくり腰は過去2回やっていてそのたびに鍼に行っていたが、今回は早く治したいと思いインターネットで検索してサンフラワーカイロプラクティックへ来院した。

<初診時状態>
・前傾姿勢でしか立つことが出来ず、腰が伸びない
・そこから前屈するのはできるが、後ろに身体を反らすことは全くできない
・身体を横に倒す動き、身体を捻る動きは、怖さはあるものの痛みはない
・仰向けで寝た状態で足を上げても、腰に痛みはない
・うつ伏せになり膝を曲げると、腰の付け根に痛みが出る

<経過>
骨盤と腰椎の間の関節がズレて固まった状態なのと、腰の筋肉が過緊張していることが原因と考え施術を開始した。
初回はまず腹筋の奥にある筋肉(大腰筋)を緩め、腰を少しでも反らせることができるようにアプローチ。これだけで立ってもらったところ、最初よりは腰が伸びている。
痛みが強かったので、骨盤ブロックを使い寝た状態で力を加えない矯正法を使う。骨盤ブロックを骨盤の下に置き、最初に痛みがあった膝を曲げる動きをしたところ、骨盤ブロックを置いているとその痛みが全くでない位置があったので、そのまま数分間寝ていてもらう。
その後、股関節の可動性をつける施術を行い、立ってもらったところ腰がまっすぐに伸びていた。
その場で足踏みをしてもらい歩く動作では痛みがほぼない状態に。

2回目(翌日)。朝は快調だったが、夕方になってきたらやはり痛みが出てきた。継続して施術。昨日よりは身体を動かせる。

3回目(翌日)。だいぶ調子がいい。少し怖さがある。継続して施術。

4回目(4日後)。全く問題なし。
自宅でできるストレッチを教え、治療を終了した。

担当 小幡コメント

腰の関節の急性ロックという状態で、簡単に言えば大きくズレた状態で固まってしまい動かせなくなった状態です。
こういう状態ではいろいろな施術法がありますが、痛みが強く腰を動かすことが出来なかったので、寝た状態で骨盤ブロックというものを骨盤下に置き、患者さん自身の体重で矯正する方法を取りました。このブロックを骨盤が正常化するように置いたところ、うつ伏せで膝を曲げたときに腰に痛みがでるのが全くなくなったので、そのまま骨盤ブロックを置いて腰回りを緩める方法を取りました。

骨盤ブロックこういう三角形のブロックを骨盤下に置きます。

元々身体がかなり硬い方だったので、予防法にはストレッチが有効です。
当院では予防法としてのストレッチも教えています。

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > ぎっくり腰 > 昨日、段差を踏み外した際にぎっくり腰に(40代男性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2013 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.