症例報告

ちょっと体勢を変えただけでギックリ腰(40代女性)

今朝、ちょっと体勢を変えようとしたところ腰がピキッとなってギックリ腰に。
朝はかなりきつかったが、今はそれに比べるとまだ何とか動ける。
座ったり立ったりするのが困難で、サンフラワーカイロプラクティック横浜に来院した。

初診時状態

・前屈はゆっくりであれば30度くらいなら可能。それ以上は怖くて出来ない。
・後屈はほぼ出来ない。
・仰向けに寝た状態で足上げ検査をすると、上げるときは痛みがないが、下ろすときに痛み。

経過

腹部の緊張と、骨盤の捻じれが原因として出ていたので、施術を行った。
まず腹部の筋肉を緩めていき、その後自重で骨盤の歪みを取る調整を行った。
足の緊張を緩めていき、横向きで股関節を緩める施術。

施術後は歩きやすくなり体勢を変えやすくなった。

2回目(翌日)。昨日の施術後、かなり効果が出て、今は全く痛みがないわけではないが、ほぼ改善した感じ。
継続してアプローチを行い、あとは様子を見てもらうことに。

院長 小幡コメント

ギックリ腰の場合、腰というよりも腹部に以上が出ていることが多く、大腰筋という腹筋の奥にある筋肉が緊張している状態でした。
そのため腹部を緩める操作から行い、ついで自重で骨盤の捻じれを調整する施術を行いました。

このように、骨盤の捻じれを正す方向にブロックを置いて、

寝るだけという調整ですが、特にギックリ腰のときは威力を発揮します。
また股関節と足を緩めるのがポイントです。

このようなギックリ腰の場合、腰自体を手でグイグイ押したりすると、多くの場合は悪化します。
他院でそのような施術を受けて悪化して来院する方もいます。

痛みが出ている場所に必ず原因があるというわけではないのです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

メルマガ登録はこちら

当院からお得な情報をお伝えするメルマガです。是非ご登録ください(無料です)


すぐに確認メールが来ますので、確認メールに記載されているURLをクリックすると登録が完了します。(携帯アドレスの方は、sunflower-chiro.comからのメールが届くようにドメイン許可設定をしてください)

フェイスブックでのお知らせ

フェイスブック