ブログ

【ブログ】フォームと姿勢

こんにちは、小幡です。

個人的な趣味で自転車に乗るので、フォームと姿勢のお話をします。

 

自転車みたいに長距離を走る場合、フォーム、姿勢などの要素はとても重要です。

ペダルのまわし方などのテクニックはひとまず置いておいて、サドルの高さなどセッティングによるフォームのことを書きます。

スポーツバイクのサドルの高さは、ペダルを一番下にしたときに、膝がやや曲がる程度の高さがいいと言われています。

股下を測って公式で数字を出す方法もありますが、意外とこの高さって重要だったりします。

長距離サイクリングの場合、サドルの高さが1センチ変わっただけで足への疲労、足のどこが疲れるかなどが変わってしまいます。

長距離乗る場合、ある特定の筋肉ばかり負担がかかるようなセッティングでは、疲れてしまったり痛みを発したりするため、限界が生じやすくなってしまいます。

私も最初に自転車を買ったときは、あまり深いこと考えずサドルを高めにしていました。ですが、20キロも走ると、足の裏が痛くてたまらない。

サドルを下げたところ、そういう痛みはなくなりました。

 

以前、当院に通っていた草野球のプレイヤーは、すぐに肩が痛くなると悩んでいました。

そこそこトレーニングもしているし、なんでだろう?

フォームを見たら、腕が横振りになってしまい、自分の持っているパワーを使い切れていなかったんですね。

ちょっとフォームを修正したところ、痛みが出にくくなりました。

 

こういうのって、デスクワークにも当てはまると思います。

デスクワークの場合、座り方やイスの高さなど。

効率的でない姿勢で仕事をしていれば、疲れるのは当然早いわけで、その結果が腰に来たり、肩が凝ったりするわけです。

 

スポーツ、仕事、それぞれに適したフォーム、姿勢ってあるはずです。

人それぞれ、身体の特徴も違うので、必ずしも万人に合う姿勢やフォームってないのですが、こういう部分を見直していくのも必要だと思ってます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

Related Posts (YARPP)

メルマガ登録はこちら

当院からお得な情報をお伝えするメルマガです。是非ご登録ください(無料です)


すぐに確認メールが来ますので、確認メールに記載されているURLをクリックすると登録が完了します。(携帯アドレスの方は、sunflower-chiro.comからのメールが届くようにドメイン許可設定をしてください)

フェイスブックでのお知らせ

フェイスブック