トップページ > 症例報告 > 坐骨神経痛 > 2週間くらい前から、右足に痛みと痺れがあり、整形外科で椎間板ヘルニアと言われた(30代女性)

2週間くらい前から、右足に痛みと痺れがあり、整形外科で椎間板ヘルニアと言われた(30代女性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

2週間くらい前から、右足になんか違和感があるなと思っていたら、どんどん悪化して右足に痛みと痺れが出るようになった。
痛みとしびれは右足の太もも裏、膝から下はやや外側にあり、座っていると特に痛みと痺れが強くなる。

数日様子を見てもよくならなかったので整形外科に行ったところ、椎間板ヘルニアだといわれ鎮痛薬を出されたが、あまり効いている感じがしない。

痛みのピークはやや下がった気もするが、仕事に支障があるため、インターネットで検索してサンフラワーカイロプラクティック横浜に来院した。

初診時状態

・姿勢を見ると、左に重心を掛けてややかばっているような姿勢になっている
・身体の動きを見ると、前屈すると右足が強く突っ張るが、痛いというほどではない
・坐骨神経の検査をしたところ、強いツッパリ感と足先に痺れ
・お尻の筋肉に負荷をかける検査をすると、右足全体に痛みが広がる

経過

お尻の筋肉が坐骨神経を圧迫している状態と考え、施術を行った。
初回はまず足の筋肉を緩めていき、股関節の施術と、骨盤の調整を行った。
その後お尻の筋肉を緩める施術と、首を緩める施術を行ったところ、起き上がってみて右足全体に軽い感じがした。

2回目(1週間後)。前回施術して翌日くらいまではラク名感じがしたが、その後は少し痛みが戻ってきた。
痺れはあまり感じず、痛みがメイン。
継続してアプローチ。

その後1週間に一度の施術を4回行い、痛みも痺れも全く無いので施術を終了した。

院長 小幡コメント

お尻の奥のほうに梨状筋という筋肉があるのですが、この筋肉は構造的にすぐ真下に坐骨神経があります。
何らかの原因で梨状筋が硬くなりすぎると、坐骨神経を圧迫して痛みと痺れになることがあり、まさにそういう状態でした。

整形外科では椎間板ヘルニアと言われたそうですが、椎間板へのアプローチは全くせず、お尻の筋肉を緩めるための骨盤と股関節の調整で改善していきました。

椎間板ヘルニアなんて言われると、恐怖を感じる人も多いと思うのですが、ヘルニアと言われても痛みの原因は全然違うこともよく見られるので、なかなかよくならない場合にはカイロプラクティックをオススメします。

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > 坐骨神経痛 > 2週間くらい前から、右足に痛みと痺れがあり、整形外科で椎間板ヘルニアと言われた(30代女性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

当院に寄稿していただいた口コミ

Sponsored by

Copyright(c) 2019 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.