トップページ > 症例報告 > 数ヶ月前から股関節が痛く、内側に曲げることがきつい(30代女性)

数ヶ月前から股関節が痛く、内側に曲げることがきつい(30代女性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

2018年08月24日 category : 症例報告, 股関節痛 

数ヶ月前にぎっくり腰をしてしまい、腰が治ったあとから右股関節を内側に曲げると痛みが出るようになった。
内側に曲げると言うのは、仰向けに寝て膝を抱えるようにする動きで、普段からストレッチするためにこの姿勢になろうとすると股関節の前側がつっかえるような痛みが出るようになった。

 

近所の整体に行ってみたがあまり変化を感じず、行くのをやめてしまった。
今回は知人の紹介でサンフラワーカイロプラクティック横浜に来院した。

初診時状態

・姿勢を見ると、やや右側に重心が乗っている
・腰の可動域検査をすると、腰を反らす動作で腰の付け根が痛い
・股関節の可動域を見ると、屈曲+内転の動作で股関節前側に痛みと引っかかり感
・お腹を押しながら上記動作をすると、少し可動域が改善する
・股関節の横を少し緩めるような操作をしてから股関節の可動域を調べると、少し引っかかり感が減る

経過

骨盤、股関節のバランスを崩しているのが原因なのと、ぎっくり腰の原因が治りきっていないためにかばう動作が自然と出ていると考え施術を行った。

 

まずは腰の付け根の関節が接近しすぎているので、ここを矯正。
足回りを緩め、股関節の外側の筋肉を緩める施術を行い、再度股関節の可動域をチェックすると痛みと引っかかり感が少し軽減。

 

腹部を緩めていくとさらに股関節の引っかかりが改善した。

 

週に一回ペースで施術し、計6回の施術で股関節の引っかかり感は気にならなくなったので施術を終了した。

院長 小幡コメント

まずぎっくり腰が治りきっていないような印象を受けました。
自覚的な痛みがほぼ取れていても、腰の付け根の関節のズレが大きく残っていて、そこに負荷をかけるような動作(体を反らす)だと痛みも出ていました。
骨盤、腰椎、股関節はグループとして動くので、腰椎の異常が股関節に出ることもあります。

 

今回の場合だと腰椎の異常、股関節の異常の両方が出ていたので施術を行い、改善しました。

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > 数ヶ月前から股関節が痛く、内側に曲げることがきつい(30代女性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2018 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.