トップページ > 症例報告 > 手のしびれ > 変形性頸椎症 > 頸椎ヘルニアで右手が痺れる(50代男性)

頸椎ヘルニアで右手が痺れる(50代男性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

1年くらい前から、右手が痺れるようになった。
痺れは右手の親指側で、主に手首より先が痺れ、肘から手首までが痛むことも多い。
痺れは一日中一定で、動作で痺れる強さが変化することはない。

ずいぶん昔にも同じような症状があり、その時は首の手術をしている。

整形外科に行ったところ頸椎ヘルニアと言われてリハビリしていたが、一向に良くなる気配がない。
インターネットで検索してサンフラワーカイロプラクティック横浜に来院した。

初診時状態

・頸椎の可動域検査をしたが、どの方向に動かしても痺れの増悪はない
・胸郭出口症候群の検査をしたところ、小胸筋のテストで痺れがやや強くなる
・前腕へ圧迫力を加えてみたところ、少し痺れが悪化する
・首のある一部を押すと、一時的に痺れが和らぐ

経過

可動域検査では頸椎ヘルニアと思われるような兆候は出ておらず、胸郭出口症候群のほうが痺れの原因として疑われたため胸郭出口症候群の施術をメインで行った。

初回はまず骨盤から整え、肩甲骨の動きをよくする施術をメインで行った。
前腕の筋肉にも問題があったのと、首の筋肉にも問題があったのでそちらも施術。

2回目(1週間後)。少し良くなった気もするが、あまり変わってない気もする。
胸郭出口症候群の施術を継続して行い、前回よりもしっかり首周りを緩める施術を行った。

その後、1週間に一度の施術を数回行い、計8回目あたりで痺れは最初の頃よりも80%くらい減少。
その後も施術を継続し、今はほぼ痺れがない状態に。

院長 小幡コメント

整形外科では頸椎ヘルニアと言われたとのことでしたが、検査していくと胸郭出口症候群のうち小胸筋症候群と斜角筋症候群のほうからの痺れが強いと判断したので、筋肉を緩めていく施術を行っていきました。
痺れが出てからそれなりに時間が経過している症状だったので多少時間はかかりましたが、主に筋肉への施術で痺れはなくなりました。

頸椎ヘルニアと言われても、痺れの原因はほかにあることも多いです。
頸椎ヘルニアと診断されたがなかなか良くならない人は、一度ご相談ください。

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > 手のしびれ > 変形性頸椎症 > 頸椎ヘルニアで右手が痺れる(50代男性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2018 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.