症例報告

反り腰改善ストレッチに注意。逆に腰を痛める人もいます。

先日来院された方なのですが、昔から反り腰であることが気になっていて、ある整体院で反り腰改善ストレッチを教わって実践していたところ、腰痛がひどくなったという話でした。
実際に反り腰改善ストレッチをどのようにしていたか見させていただきましたが、痛める可能性も十分ある形でした。

反り腰と腸腰筋

反り腰というのは、字のごとく腰が反りかえっている状態です。
この反り腰の原因としてはいろいろありますが、代表的なのは腸腰筋が硬いことで起こります。

 

ここで腸腰筋と書きましたが、腸腰筋というのは二つの筋肉を合わせた言葉です。

 

大腰筋 + 腸骨筋 = 腸腰筋

 

さてこの腸腰筋(大腰筋)というのは、身体の前側にあります。
イメージとしては背骨からおなかの中を通って股関節につくような感じです。
腹筋のさらに奥と考えればいいでしょう。

 

大腰筋が硬くなると、イメージとしてはポッコリおなかのようになり、反り腰になっていきます。
なのでストレッチして大腰筋の硬さを解消するというのは理にかなっているのです。

だけどやり方を間違えると腰痛が悪化


これら腸腰筋は股関節の前側についてくるので、前後に足を開き、股関節前側を伸ばすようなストレッチが有効とされています。
この体勢をするには、腰がやや反り気味になってストレッチすることにあります。

 

腰の構造を考えるとわかりやすいのですが、腰を反らすと腰の関節同士が接近してぶつかるようになります。

背骨の関節は、背骨の後ろ側にあるからです。

 

なので関節性の腰痛がある人が大腰筋のストレッチを無理しすぎると、腰痛が悪化することがあります。
痛めている関節に負荷をかける形になるからですね。

 

なので腰が反らないように気を付けながらストレッチしていくか、そもそもストレッチのやり方を変えないといけないわけです。

具体的な方法は書けませんが

今はインターネット全盛の時代ですので、何かを知りたいときには検索すれば出てきます。
ストレッチの方法なんかも検索すれば結構出てきますよね。

 

でも問題なのはやり方ではなくて、そのストレッチ自体があなたに合っているかどうなのかという一点に尽きると思っています。
どんなに優れた薬があったとしても、それがあなたの症状に適合するかは別問題です。

 

こればかりは見てみないとわからないので、具体的な方法は書けませんが、全ての反り腰に万能なストレッチはありません。
反り腰に効く!というストレッチを実践した結果、腰痛がひどくなったのでは意味がありません。
私が見ている範囲でも、別のストレッチをしたほうがいいだろうと思う反り腰はいくらでもありました。

 

なので安易にネットで仕入れた情報でストレッチを開始する前に、専門家に【あなたにあったストレッチ】を教えてもらったほうがいいですね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

Related Posts (YARPP)

メルマガ登録はこちら

当院からお得な情報をお伝えするメルマガです。是非ご登録ください(無料です)


すぐに確認メールが来ますので、確認メールに記載されているURLをクリックすると登録が完了します。(携帯アドレスの方は、sunflower-chiro.comからのメールが届くようにドメイン許可設定をしてください)

フェイスブックでのお知らせ

フェイスブック