トップページ > 症例報告 > 坐骨神経痛 > 3週間前に左お尻に激痛と足にしびれ。脊柱管狭窄症と診断された(60代女性)

3週間前に左お尻に激痛と足にしびれ。脊柱管狭窄症と診断された(60代女性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

3週間前に、急に左お尻に激痛が走った。歩くと左足に痺れが走り、痛くて歩けなかった。
歩けるようになるまでしばらく安静にし、整形外科に行ったところ脊柱管狭窄症と診断された。
薬を処方されたが全く変わらず、整体にも行ったが全く変わらなかった。

今は家事をしているときに左お知りに痛みが出てきて足全体がしびれる。しばらくすると痛みが減ってくる。
それの繰り返しで、良くもならなければ悪くもならない。

この状態が続くと不便でしょうがないので、インターネットで検索してサンフラワーカイロプラクティック横浜に来院した。

初診時状態

・来院時の状態では痛みなし
・前屈、後屈など様々な方向に身体を動かしてもらったが、痛みは全くない
・坐骨神経の検査をしても、異常なし
・左お尻を触ると、明らかな緊張があり、押すと足先まで響くような痛みがある
・左骨盤が横に広がっている

経過

検査では坐骨神経にかかわる兆候もなく、骨盤のズレとおしりの筋肉の緊張が痛みの原因と考え施術を行った。

初回はまず骨盤を整えるブロックを入れて、その間に足回りを手で緩めていった。
股関節の可動域に左右差があり、左股関節の開きが非常に悪くなっていたので施術して可動域を広げていく。
治療前の検査では痛みが全くなかったので、これで日常生活を過ごしてもらい変化があるかないか、確認してもらう。

2回目(5日後)。翌日は少しダルさが出たが、不思議と痛みがほとんどなくなった。

3回目(1週間後)。痛みは全くなかった。
特に問題もなかったので施術を終了し、様子を見てもらうことに。

院長 小幡コメント

脊柱管狭窄症と診断されたとのことでしたが、よくよく話を聞くとレントゲンだけしか撮っていないことや、脊柱管狭窄症の症状と似ているようで似ていないことから、まったく別の視点から検査、施術していきました。
状態を見ていくと、お尻の筋肉が固くなりすぎたために過敏になって神経を刺激しているような状態だったので、お尻が固くなる原因の骨盤のズレを整え、関係する股関節の調整などを行った結果、痛みはすぐに取れていきました。

骨盤の調整にはブロックという、寝ているだけで調整できるものを使いました。

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > 坐骨神経痛 > 3週間前に左お尻に激痛と足にしびれ。脊柱管狭窄症と診断された(60代女性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2016 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.