トップページ > 症例報告 > 寝違え > 急に右の肩甲骨あたりに刺すような痛みが出始めた(30代男性)

急に右の肩甲骨あたりに刺すような痛みが出始めた(30代男性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

4日前お酒を飲んで次の日に急に右肩甲骨あたりに刺すような痛みが出始めた。そのときは翌日には痛みがなくなったが、また昨日から同じ痛みが急に出始めた。
特に思い当たるきっかけはない。
このような痛みは今回初めてで、背筋を伸ばして安静にしている分には痛みはないが、靴を履くような体勢で前屈みになると刺すような痛みが走る。
元々肩こりは結構強い。
一回治ったと思ったらまた出始めたため、インターネットで検索してサンフラワーカイロプラクティック横浜に来院した。

<初診時状態>
・右肩甲骨内側に強い緊張があり、押すと痛い
・姿勢を見ると、右肩が前に入っている。痛みを避けるため背筋はムリに伸ばしている印象。
・立った状態から前屈すると、右肩甲骨に痛みが走る
・首の可動域を見ると、上を向く動作で痛みがある

<経過>
初回はまず肩が内側に入っているところを戻すアプローチを行った。肩甲骨外側のアプローチ、胸側の筋肉のストレッチ。
身体全体を前屈したときに痛みが出ているため、前屈したときに伸びていく腰や足のチェックをしたところ硬さが顕著に出ていたので、腰や足回りも緩めていく。
この状態でもう一度前屈してもらったところ、最初よりは動きやすくなっているものの、まだ痛みが出る状態だったので、痛みを起こしている筋肉に直接アプローチし、筋膜リリースをしてみる。
肩甲骨内側と肩の二カ所に筋膜リリースを行い、再度痛みが出ていた前屈をしてもらったところ、痛みが激減。

2回目(3日後)。
ほとんど痛みはなくなった。初回に痛みが出ていた前屈と、上を向く動作をしても痛みがないが、肩甲骨内側に緊張と押したときの痛みが残っていたので継続してアプローチ。

経過観察のため2週間後に来てもらうことに。

院長 小幡コメント

肩甲骨内側の筋肉に強い緊張が起こって痛みを起こしていました。
こういうケースではまず痛みが強いところからのアプローチではなく、周りから調整したほうが改善しやすいです。
肩が内側に入っている状態だったので、肩の位置を戻すテクニックと、関係する足回りをまず緩めていきました。
それでも痛みが取りきれなかったため、痛みを起こしている筋肉に特殊なアプローチをしたところ、痛みは消えました。

こういうケースで湿布を使う方もいますが、ほとんどの場合あまり意味がありません。
原因となっている部分をしっかり調整すれば、痛みはなくなります。
似たような症状でお悩みの方は、是非ご相談ください。

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > 寝違え > 急に右の肩甲骨あたりに刺すような痛みが出始めた(30代男性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2016 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.