トップページ > 症例報告 > 妊娠中の症状(腰痛や股関節痛など) > 妊娠9ヶ月。ここ2週間くらいで腰痛がひどくなってきた(20代女性)

妊娠9ヶ月。ここ2週間くらいで腰痛がひどくなってきた(20代女性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

現在妊娠9ヶ月。この2週間くらいで腰痛がひどくなってきた。
元々腰が反りやすく自分でも気を付けていたが、妊娠後期になってきて骨盤の状態も気になる。
元々デスクワークで肩こりや腰痛もひどい。
今は寝ていて起き上がる時や、歩いているときなどに腰が痛む。
骨盤の状態などを改善しようと思い、インターネットで検索してサンフラワーカイロプラクティック横浜に来院した。

<初診時状態>
・立っている姿勢を見ると、骨盤が左に出っ張っていることと、右足に重心が乗っていること、肩の位置が前に行っているのが気になる。
・腰を反らす動作をすると、腰の付け根に痛みがある。
・身体を左に回すと、右股関節が少し痛む。

<経過>
妊娠後期とのことでお腹がかなり大きくなっているため、少しでも腰の負担を減らすように施術を行った。
初回はまずお尻の筋肉を緩め、骨盤の左右非対称になっている部分を正していく。足を緩める施術、背中や肩、首を緩めていく施術を行った。
治療後は腰を反らしたときの痛みが減少。お尻のストレッチを教える。

2回目(1週間後)。腰はこの1週間比較的調子が良いが、左腰に張りを感じる。継続して治療。

3回目(2週間後)。もうすぐ予定日。この2週間くらい寝ていることが多く腰が痛い。
腰を反らす動作で痛みがあり、主に筋肉への施術を行ったところ治療後は腰を反らしたときの痛みが減少。
骨盤の状態も安定しているのと、もうすぐ予定日なのでこれでひとまず治療を終了し、あとは産後の骨盤矯正を行うことに。

院長 小幡コメント

骨盤の状態を見ると、右の骨盤に比べて左の骨盤が開くのが早い印象でした。そのため、左側に骨盤が出っ張ったような状態になっていました。
どうしてもお腹が大きくなってきているため腰への負担は避けられず、根本的な完治は難しいですが、骨盤の左右の状態を安定させることと、筋肉の張りを取って負担を減らすように施術を行いました。
当院では妊婦さんでも安心してうつ伏せになれるような、お腹が大きく開いたクッションを使っています。

画像では分かりづらいかもしれませんが、お腹に大きな穴があり妊婦さんでもうつ伏せが可能です。
また、それでも苦しい場合や、不安がある場合には横向きでの施術を行っています。

妊娠後期は様々な身体のつらさが出てきますが、出産に備えて身体をメンテナンスすることはとても大切です。

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > 妊娠中の症状(腰痛や股関節痛など) > 妊娠9ヶ月。ここ2週間くらいで腰痛がひどくなってきた(20代女性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2015 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.