トップページ > 症例報告 > 慢性腰痛 > 3週間前から右腰の張りと右腹部の違和感が続いている(20代男性)

3週間前から右腰の張りと右腹部の違和感が続いている(20代男性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

2015年02月12日 category : 慢性腰痛, 症例報告, 背中の痛み, 腰痛 

3週間前から右腰の張りと右腹部の違和感が続いている。
腰は痺れるような、張っているような感じで、座っていると特に感じる。腹部は痺れるような張っているような感じと、おなかを凹ませているような違和感がある。腰とお腹は連動しているような感じがする。
思い当たるきっかけはないが、自宅ではないところに泊まり硬い布団だった3日目くらいから感じ始めた。その後はずっと同じ状態が続いており、良くも悪くもなっていない。
立っているときにこの症状を感じることはなく、座っていて姿勢を崩すと特に感じる。その他、内臓に関わるような症状はない。
3週間たっても改善しないため、インターネットで検索してサンフラワーカイロプラクティック横浜に来院した。

<初診時状態>
・姿勢を見ると、骨盤が左に偏り、背骨はS字状に湾曲し、左肩が下がっている
・腰に強い反り返りがあり、腹筋側と背筋側のバランスが崩れている
・腰を反らす動作をすると、右腰に張りを感じる
・右腰部に強い緊張がある
・右足と左足で、向いている方向が異なる

<経過>
腹筋側と背筋側のバランスの問題、背骨がS字状に曲がってしまいバランスを崩しているのが原因と考え施術を開始した。
初回は骨盤と腰椎の矯正を行い、筋肉の緩和操作を行う。施術後は腰を反らしたときの張りが軽くなっていたので、自宅でできるストレッチを教える。
2回目(1週間後)。張りが出る頻度が減った。少し状態が変わり、腰は座っているときに張りを感じ、お腹は立っているときのほうが張りを感じやすい。
3回目(1週間後)。腰は全く症状が出なくなった。おなかも頻度はかなり減ったが、長時間座っていて立つときにたまに感じる。

4回目(1週間後)。背中もお腹も問題なし。骨盤や背骨のバランスも悪くないので、治療を終了し様子を見てもらうことに。

院長 小幡コメント

おなか側に張りを感じるというのは少ない症状なのですが、これといって内臓系に関わるような症状もないようだったので、単純に骨格のバランスを整えることを行いました。
普段と違う環境で睡眠を取ったことで、身体のバランスを崩した可能性があります。そういう場合でも通常は自然に回復して治ることが多いですが、恐らくは元々バランスが良くなかったために自然回復しなかったのだと思います。

どんな症状でも、1週間以上放置して全く改善していないなら、自然回復は困難です。なるべく早く施術を開始したほうが治りは早いです。

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > 慢性腰痛 > 3週間前から右腰の張りと右腹部の違和感が続いている(20代男性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2015 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.