トップページ > 症例報告 > 寝違え > 1週間前に寝違えてから、右首から肩が痛いのが治らない(30代男性)

1週間前に寝違えてから、右首から肩が痛いのが治らない(30代男性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

1週間前に寝違えた。放っておけば治るかと思ったが、一番ひどい時よりはマシだが今も痛みが残る。
今は安静にしている分には痛みはないが、右を向く動作をすると右首から肩にかけて痛みがある。
仕事中にいろんな方向を向いて指示することも多いので、困っている。
なんとか痛みを取りたくて友人に相談したところ、サンフラワーカイロプラクティックを紹介してもらったので行ってみることに。

<初診時状態>
・右を向く動作をすると、右肩甲骨上部から首にかけて痛み(全可動域の半分くらいしか曲がらない)
・左を向く動作をすると、左の肩甲骨上部に少しだけ痛みあり
・上を向く動作をすると、少し右の肩甲骨あたりに痛み
・左右に首を傾ける動作は痛みはない
・肩の位置を少し後方に引いた状態で右を向く動作をすると、少しだけ痛みが和らぐが痛いのと曲がらないのは同じ

<経過>
右側の肩甲骨から首を結ぶ筋肉(肩甲挙筋)が過剰に収縮した状態が残っていると考え施術を開始した。

初回はまず骨盤から背骨を整えていき、姿勢を改善していく。これだけでも少し右を向きやすくなった。胸を開くようなストレッチと肩甲骨の可動性を付ける施術を行ったのち、右肩甲挙筋の過剰な緊張を取るアプローチを行う。
治療後右を向く動作をしてもらうと、少し張りがあるが痛みはだいぶ改善した。

2回目(1週間後)。少し張りが残るが、首を動かして痛みはほとんどない。
継続してアプローチし、治療後は特に問題がなかったので自宅でできるストレッチを教えて治療を終了した。

院長 小幡コメント

寝違えて痛めたのは、肩甲挙筋といって首と肩甲骨を結ぶ筋肉でした。
通常、1週間も放置すれば良くなっていることが多い症状でしたが、元々姿勢が悪いことが関係して治りが悪かったものと思います。
肩甲骨
例えば頭が前に突き出た悪い姿勢のままだと、肩甲挙筋には伸ばされるようなストレスが常にかかっている状態になります。
痛めた筋肉に負担がかかっているため、治りが悪かったと考えましたので、骨盤を含む全体的な調整をしました。

寝違えの痛みは耐え難いものです。治りが悪い寝違えは是非ご相談ください。

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > 寝違え > 1週間前に寝違えてから、右首から肩が痛いのが治らない(30代男性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2015 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.