トップページ > 症例報告 > 慢性腰痛 > 時々左膝が痛くなるとの、慢性的な腰痛がある(30代女性)

時々左膝が痛くなるとの、慢性的な腰痛がある(30代女性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

2014年12月18日 category : 慢性腰痛, 症例報告, 膝の痛み 

数年前から、時々左膝が強く痛むようになった。特に思い当たることはない。
何がきっかけで痛みが起こるのか全然わからないが、痛みが強くなると膝を伸ばすことができなくなり、階段の上り下りがつらくなる。
慢性的に腰痛もあるが、腰の痛みの具合と膝が連動している感じはなく、腰だけが強烈に痛むこともあれば、膝だけが痛むこともある。
整骨院でマッサージを受けていたが、腰については少しよくなるものの膝に関しては全く変化がない。
何か改善方法はないかインターネットで検索して、整体やカイロに行ってみようと思いサンフラワーカイロプラクティックに来院した。

<初診時状態>
・左膝がわずかに曲がっている状態から、伸ばす動作ができない
・姿勢を見ると、左足のほうがわずかに短くなり、左に重心がかかり、左足が外旋している
・膝を曲げる動作は痛みはないものの、違和感はある
・腰を前屈、後屈する動作は痛くはないものの、硬い
・お皿の関節に負荷をかけると痛みがある

<経過>
膝はお皿の関節がズレて動きがスムーズでなくなっていることが原因と考えたが、それに関連する要素として左右の足のアンバランスがあると考え施術を開始した。
初回はまず足と腰回りを緩めていき、骨盤を調整して足の長さを左右均等にしていった。さらに左股関節の筋肉が異常に緊張していて、それが左足の外旋につながっていると考えて緩めていった。膝のお皿に動きを付ける施術を行い、立って歩いてみてもらったところ痛みなし。

2回目(1週間後)。腰、膝ともにそこそこ調子がいい。膝裏に張りが残るのとふくらはぎがむくむ。継続してアプローチ。

3回目(10日後)。腰、膝ともに快調。
その後は身体の調子に合わせて不定期にメンテナンス治療している。

院長 小幡コメント
膝は曲げ伸ばしするときに、お皿が上下に動きます。この方の場合、お皿が上下に動きにくくなっていて引っかかっていたので痛みを起こしていました。
ほかに膝に負担をかけている要素を見て行ったところ、左足のほうが少し短いことや、左足が外旋し捻られているような状態になっていました。
膝裏に張りが出てくると嫌な予感がするそうで、痛みまではいかないけど嫌な感じがするときに来院されてメンテナンスしています。

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > 慢性腰痛 > 時々左膝が痛くなるとの、慢性的な腰痛がある(30代女性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2014 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.