トップページ > 症例報告 > 仕事をしていると首が凝ってしょうがない。頭が重い(30代男性)

仕事をしていると首が凝ってしょうがない。頭が重い(30代男性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

2014年09月25日 category : 症例報告, 緊張性頭痛, 肩こり, 頭痛 

いつも座り仕事をしているが、仕事をしていると首が凝ってきて頭が重くなる。
そうなると仕事が手につかなくなり、やる気が起きなくなってしまう。
この状態はかなり慢性的な症状で、だいぶ前から感じていて時々マッサージに行ってみたりしていたが、その場がキモチイイだけで改善しない。
今回はしっかり治したいと思い、サンフラワーカイロプラクティックに来院した。

<初診時状態>
・座った姿勢を見ていくと、骨盤が落ちて背中が丸まり、肩と頭の位置が前方に変位している。顎が少し上がった感じ。
・立った姿勢を見ると、やや後ろ重心になりながら肩と頭の位置は前方位。
・首の可動域を見ていくと、上を見る動作、首を横に倒す動作で制限が強い。
・骨盤を立てるようにして座ってもらい、首の可動域を検査すると、上記で制限が出ていた動作が少しスムーズになり引っかかりが少なくなる。

<経過>
姿勢の悪さで背中が丸まって頭が前に出ているために、首に負担がかかっていると考え施術を開始した。
姿勢の悪さの根本原因は骨盤にあると考え、まずは骨盤や足からアプローチ。骨盤、胸椎の矯正と、肩を開くようなストレッチを行う。
頸椎の矯正と首回り、頭周りを緩める施術を行ったところ、施術後は首がスムーズに動く感じと座っている姿勢が明らかに良くなった。
自宅でできるストレッチをいくつか教える。

2回目(1週間後)。結構調子がいい状態が続いている。継続してアプローチ。

週一回の施術を4回行い、だいぶ姿勢も安定してきたのでその後は不定期にメンテナンスしている。

担当 小幡コメント


人間の背骨は、横から見た状態で、首は前弯、背中は後弯、腰は前弯とS字状にカーブしています。
背中が丸まってしまうと必然的に頭の位置が前に行くのと、湾曲の変わり目(首の付け根)がきつくなり首の長さが縮こまったようになってしまいます。これではすぐに首が疲れたり頭痛が起こります。
この方の場合、骨盤の位置が悪く、座っている状態で腰が落ちたような形になってしまっていました。これは骨盤の変位と足・お尻の硬さが関わってくるので、まずは骨盤や足を整えるようにしていきました。
土台から直していくようなイメージで、腰が立つようにし、肩を開きやすくするストレッチを行い、最後に首を調整していきました。

また、頭にもいくつか筋肉があります。頭の筋肉も緩める施術を行っていったところ『頭が軽い感覚』になりました。

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > 仕事をしていると首が凝ってしょうがない。頭が重い(30代男性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2014 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.