トップページ > 症例報告 > 妊娠中の症状(腰痛や股関節痛など) > 出産後に恥骨痛。力を入れると痛みがある(30代女性)

出産後に恥骨痛。力を入れると痛みがある(30代女性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

現在産後3ヶ月。出産後しばらくして恥骨のあたりが痛むようになった。特に思い当たるきっかけはない。
普段は安静にしていると痛みはないが、立ち上がろうとするときや、歩こうと一歩目を出したときなど身体に力を入れると恥骨が痛む。
トコちゃんベルトをしていると少し楽な気がするが、はっきりと変化があるわけではない。
状態は良くもならず、悪くもならずと平行線で続いている。
妊娠中は腰や足の張りはあったが、ものすごくつからったりしたわけでもない。
子供が小さいので治療院に行く暇がなかったが、託児もできるという話をママ友から聞いてサンフラワーカイロプラクティックに来院。

<初診時状態>
・姿勢検査では、腰の反り返りが強くお腹が前に出たような姿勢。やや右の骨盤が開きが強い。
・股関節を開く動作で恥骨付近の痛み。関わる筋肉を圧迫しながら股関節を開くと、痛みなし。
・片足立ちになったり、大きく踏み出すような動作をしても痛みはない

<経過>
骨盤が開いていることによる恥骨の不安定性と、股関節の筋肉が固くなりすぎていることが原因と考え施術を開始した。

初回はまず骨盤の捻じれを取りながら骨盤を閉めていく施術を行う。骨盤ブロックを使って骨盤を閉め、検査で問題が見られた筋肉を緩める施術をしていったところ、股関節を開く捜査での痛みはなくなった。
一度立ってもらったが、立ち上がる動作でも痛みなし。大きく足を上げるように足踏みをしてもらうと少し痛みあり。
もう一度股関節の筋を緩めて上記の動作をしたところ、だいぶ改善していた。

2回目(5日後)。朝起き上がるときだけ恥骨痛あり。日中はほぼ問題なし。継続してアプローチ。肩もこるとのことで肩周りも緩めていく。

3回目(6日後)。トータルでの改善率は80%くらい。痛みというより違和感に近い。もう一歩という感じがする。

4回目(10日後)。ほんのわずかに違和感を感じる。検査では痛みの誘発などはなく大きな問題はない状態に改善。育児疲れもひどいとのことで、それ以降は間隔を空けて全体的に疲れを取るようなメンテナンス治療へ移行した。

担当 小幡コメント

妊婦の骨盤妊娠、出産を通して骨盤は大きく開きます。骨盤が開くと左右の恥骨をつないでいる『恥骨結合』が不安定になり痛みを起こします。
この方の場合、大きく分けて二つの問題があり、
1、骨盤が開いていることで恥骨が左右に引っ張られている
2、恥骨から股関節を結ぶ筋肉に強い緊張があり、恥骨を引っ張っている。この筋肉を使うような動作をするとより恥骨を引っ張ってしまうため痛い。

このような問題がありました。
そのため、骨盤を閉める調整と股関節を緩める施術を行っていったところ痛みはなくなりました。
似たような症状でお困りの方は是非ご相談ください。

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > 妊娠中の症状(腰痛や股関節痛など) > 出産後に恥骨痛。力を入れると痛みがある(30代女性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2013 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.