トップページ > 症例報告 > 坐骨神経痛 > ヘルニアをやってから左お尻から足まで痛みが走る(30代男性)

ヘルニアをやってから左お尻から足まで痛みが走る(30代男性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

半年前に椎間板ヘルニアになった。そのときは2ヶ月くらいかかって痛みが落ち着いてきたが、この1ヶ月くらいで再び症状が出てきた。また半年前にいった整形外科に行ったが、状態はあまり良くならずどんどん悪くなってきているような感じがする。
今はお尻から足まで、筋肉が張るような痛みがあり、指先にしびれを感じる。座っていて立ち上がるときに腰が伸びない感覚になるのと、前屈すると足の痛みを強く感じる。
痺れは常にあり、疲れてくるとしびれが悪化する。朝はそれほど痺れていない。
なんとか状態を改善したいと思い、サンフラワーカイロプラクティックへ来院した。

<初診時状態>
・前屈40度、後屈20度、ともに左太もも裏に痛みを感じる
・SLR(坐骨神経テスト)では痺れの増悪はなく、足の張りが強くなる
・左骨盤の関節に負荷をかけると足先まで痛みが広がる
・左でん部、太もも裏の筋肉が強く緊張している。押すと痛みが足全体に広がる。
・うつ伏せで右ひざを曲げてみると、左のお尻に痛み
・右股関節に負荷をかけると左お尻に痛みが出るが、右股関節の筋肉を押しながら負荷をかけると痛みが出ない

<経過>
骨盤の関節がズレて痛みを起こしており、さらにそれにより臀部や太もも裏などが過敏になっていると考え施術を開始した。

初回はまず検査で見られた筋肉のアンバランスを取り、左骨盤の捻じれを取る施術を行った。左骨盤はちょっと押しただけでも痛みが強いので、骨盤ブロックを使い捻じれを取っていく。これらの施術で左骨盤を押したときの痛みはほぼなくなった。足の筋肉を緩めて様子を見る。立っているときの痛みはなくなった。

2回目(5日後)。あまり状態に変化はない。検査したところ、左骨盤を押したときの痛みや右股関節に負荷をかけたときの痛みは全くなくなっていた。継続してアプローチし、骨盤へ矯正を行う。

3回目(4日後)。痛みが引いてきた。継続してアプローチ。

4回目(4日後)。改善傾向。施術前の検査では前屈80度くらいで足に張り。後屈は痛みなし。

その後さらに2回ほど施術してほとんど症状は感じなくなり、間隔を空けながら数回施術し様子を見たが、大きな問題はなかったので施術を終了した。

担当 小幡コメント

左骨盤の関節がズレて、そこから関連痛という痛みを出していたことが原因と考えられました。初回は痛みが強く身体が過敏になっていたため骨盤ブロックで骨盤の捻じれを取り筋肉を緩めていきました。2回目に来院した時に『痛みが変わらない』と言っていましたが、検査では大きく改善しているのが分かりましたので継続してアプローチしたところ、3回目に来院した時には痛みが減ってきていました。
このようなケースでは、自覚症状の変化が出るまでに時間がかかることもありますので、そのあたりを説明して施術を続けました。初回がひどかったので少々時間がかかりましたが、無事痛みがなくなったようで一安心です。

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > 坐骨神経痛 > ヘルニアをやってから左お尻から足まで痛みが走る(30代男性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2013 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.