トップページ > 症例報告 > 慢性腰痛 > 長時間座っていると、背中の右側が張ってきて痛くなる(40代男性)

長時間座っていると、背中の右側が張ってきて痛くなる(40代男性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

2013年10月19日 category : 慢性腰痛, 症例報告, 背中の痛み, 腰痛 

前から時々あったが、長時間座っていると背中の右側が張ってきて痛くなる。今回は1週間前からこの症状が起こった。特に思い当たるきっかけはない。
腰のやや上あたりに張りを感じ、張っている感じは常にある。長時間座っているとそれが痛みに変わる。
1週間たって痛みが少しずつ増していっている感じがするので、インターネットで検索してサンフラワーカイロプラクティック横浜に来院した。

<初診時状態>
・後ろから背中を見ると、右の背中(腰のやや上)あたりが左側に比べ盛り上がっている。
・右骨盤が後方に捻じれ、左肩が前方に出ている。右肩がやや下がっている。
・立っている姿勢では後ろ重心で腰が反りかえる。
・可動域を検査すると、身体を後ろに反らせたとき、右に身体を倒したときに痛みが出る。

<経過>
姿勢的な捻じれで右背中に負担がかかっていて筋肉が張りやすくなり、筋肉が限界を迎えると痛みに変わっている状態と考え施術を開始した。
初回は骨盤の調整、背中の緩和操作、肩周りの施術を行う。重心を安定させるために腹筋側、足の施術も行い、再度検査したところ、腰を反らす動作や右に身体を倒す動作での痛みは消失していた。

2回目(1週間後)。その後痛みはない。張りはあるが以前に比べ半減くらい。継続してアプローチ。

3回目(1週間後)。ここ数日は張りもあまり感じない。

4回目(2週間後)。治療間隔を空けてみても症状は出なかったので、施術を終了し様子を見てもらうことに。

担当 小幡コメント

骨盤のズレと肩の位置の問題で、右背中に負担がかかったと思います。右の骨盤が下方にズレて、左肩が前に入っている状態なので、右背中の筋肉には引っ張るような力が常にかかっておりそれが痛みの原因となったと思います。
姿勢を整えるために、つらい場所だけでなく骨盤、足、肩周りまで施術を行ったところ、姿勢も安定し背中の張りも消失していきました。
つらい場所だけに目を向けず、身体を全体的な視線でみたほうが改善が早いケースも多いです。

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > 慢性腰痛 > 長時間座っていると、背中の右側が張ってきて痛くなる(40代男性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2013 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.