トップページ > 症例報告 > 寝違え > 寝違えたのか、急に右肩甲骨あたりが痛くなった(30代男性)

寝違えたのか、急に右肩甲骨あたりが痛くなった(30代男性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

2日前、朝右の肩甲骨あたりに強い張りを感じた。そのまま仕事に行ったら、どんどん痛くなってきてしまい首を動かしたり肩を動かそうとすると右肩甲骨に痛みが走る。特に思い当たるきっかけはないが、ここ数日仕事が忙しくて帰りが遅かったために疲れていた。鋭い痛みというよりは、鈍い痛みが強く出るという感じがする。
時々このような症状が出てしばらく放っておくと痛みが消えるが、今回は翌日になってもあまり変化がないため、インターネットで検索してサンフラワーカイロプラクティック横浜に来院した。

<初診時状態>
・首を左に倒す動作、肩を挙げる動作をすると右肩甲骨に痛みがある
・右肩甲骨内側を押すと、痛みがあり頭まで響くような痛みがある
・肩甲骨の動きが悪く、腋の下の筋肉を押すと強い痛みがある
・右肩がやや前方に出ている

<経過>
肩甲骨周りのバランスがおかしくなり、肩甲骨内側の菱形筋にシコリが出来て痛みを発していたので施術を開始した。
初回はまず肩甲骨周りのバランスを整え、肩甲骨の動きをつける施術と腋の下の筋肉を緩める施術を行った。胸椎と頸椎の矯正を行い痛みの確認をしたところ痛みは6割くらい減少。背中下部の左右のバランスが気になったので背中の下のほうを緩める施術と骨盤の調整をしたところ、さらに痛みは減少。なんとなく張りを感じるが強い痛みはほとんど感じなくなった。
自宅でできるストレッチを教え様子を見てもらう。

2回目(4日後)。少し張りは感じるが強い痛みはない。継続してアプローチし、その後は不定期にメンテナンスで施術している。

担当 小幡コメント

肩甲骨
肩甲骨は上下、内側外側の筋肉のバランスで正しい位置におさまります。この方の場合、PC仕事で腋の下の筋肉が緊張し、それにより肩甲骨が外側に移動。それにより肩甲骨内側の菱形筋が引っ張られて負担がかかり痛みを発していたと考えられます。
そのため、腋の下を緩めていくとそれだけでも痛みが軽減していきました。
また本人は自覚がなかったようですが、背中の下のほうの筋肉の左右差がひどく、骨盤を調整して左右差を整えていくと肩甲骨の痛みはさらに軽減しました。
痛みがあるところだけでなく、土台のバランスが崩れていたことも症状の原因となったのでしょう。

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > 寝違え > 寝違えたのか、急に右肩甲骨あたりが痛くなった(30代男性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2013 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.