トップページ > 症例報告 > 坐骨神経痛 > 椎間板ヘルニアと診断され症状は落ち着いていたがまた再発してきた(30代男性)

椎間板ヘルニアと診断され症状は落ち着いていたがまた再発してきた(30代男性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

約半年前に椎間板ヘルニアになり整形外科でリハビリをしてよくなった。
3週間前に咳込んでから再び症状が出始め、また半年前と同じような状態になってしまった。

症状は左太もも裏から足先まで筋肉が張るような痛みと、指先にしびれを感じる。
座っていて立ち上がるときに腰が伸びない感覚があり、前屈すると左足全体に刺すような痛みがある。
整形外科にも行っているがあまり改善が見られないためインターネットで検索してサンフラワーカイロプラクティック横浜へ来院した。

<初診時状態>
・立位で前屈、後屈ともに左太もも裏に痛みを感じる
・坐骨神経の伸張テスト(SLR)をすると左太もも裏に張りを感じるものの、痺れの増悪はない
・左骨盤の関節を押すと、激痛。さらに足全体的に痛みが広がる
・左太もも裏はかなり硬くなっていて触ると痛い

<経過>
当院での検査では椎間板ヘルニアよりも骨盤からの関連痛の要素が強いと考えられたため、骨盤に対する施術を行った。
初回は左骨盤の関節に強い痛みを持っていたため、骨盤ブロックを使い患者さん自身の体重でゆっくり骨盤矯正を行った。同時に足回りを緩めていったところ、左骨盤を押したときの痛みはなくなったが立って前屈、後屈の痛みは変化がなかった。

2回目(6日後)。大きな変化はない。骨盤に対ししっかり矯正を行ってみたところ立位での動きに変化が出始める。

3回目(4日後)。前回施術後から結構調子がいい。継続してアプローチ。
その後、5日程度に一回の施術を3回行い、調子がいいようなので少し間隔を空けてみる。疲れると足の張りを感じるものの、比較的調子はいい状態をキープできている。

担当 小幡コメント

いくつかの要因があると考えられましたが、最も症状に関わっていたのは左骨盤の関節がズレて炎症を起こし、骨盤からの関連痛が足まで飛んでいる状態と考えられました。椎間板ヘルニアの要素が強いとSLRという足挙げ検査でほとんど足を上げることができませんが、足自体はかなり上がることとSLRでの増悪もなく、骨盤が主な原因と考え施術していきました。

関連痛というのはわかりづらいですが、ある関節や筋肉が痛みを起こしたとき、そこから痛みが広がる状態です。
神経を圧迫して起こる神経痛とは別物で、施術法も異なります。

初回はゆっくりとした矯正のみで施術しましたが、2回目に骨盤へしっかり矯正を入れたところ症状が大きく改善し出しました。
当院では様々な施術法を使うことで、より効果を上げやすいように工夫しています。

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > 坐骨神経痛 > 椎間板ヘルニアと診断され症状は落ち着いていたがまた再発してきた(30代男性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2013 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.