トップページ > 症例報告 > 産後のケア(腰痛、腱鞘炎など) > 産後2ヶ月。仰向けで寝ると腰が痛い(20代女性)

産後2ヶ月。仰向けで寝ると腰が痛い(20代女性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

産後2ヶ月。出産後から仰向けで寝ていると腰が痛くなり、寝ていられない。抱っこをしているときは腰よりも肩こりが気になる。
横向きで寝ている分にはそんなに腰は気にならない。あと、骨盤が広がっていて戻らないのが気になる。産後骨盤ベルトは使っていたり使ってなかったり。
妊娠中は普段より腰が張る感じはあったが、それほど強い痛みではなかった。
放っておけば治るかと思っていたが、良くなりそうな気配がないため知人の紹介でサンフラワーカイロプラクティック横浜へ来院した。

<初診時状態>
・姿勢を見ると骨盤が横に広がっている(特に右)
・腰の反り返りが強く、前弯が過剰
・腰を反らす動きをすると、腰の付け根が痛む
・前屈や回旋などの動作は痛みがない
・股関節を開く動きが固い

<経過>
妊娠中におなかが大きくなるにつれ腰が反りかえり、そのために腰の関節が圧迫されて痛みを起こしていると考え施術を行った。
初回はまず土台になっている骨盤を閉めるようにアプローチし、腰の反り返りを取る方向へ矯正。臀筋と股関節を緩めていった。施術後は腰を反らしたときの痛みが軽減。骨盤ベルトの着用を勧める。

2回目(1週間後)。仰向けではまだ痛みがあるが、以前よりは半減。継続してアプローチ。

その後1週間に一度の施術を2回を行い、骨盤は以前より安定感が出てきて、仰向けで寝ても痛みもなくなった。
肩こりや全体的な疲労感を取るために、不定期に施術を継続中。

担当 小幡コメント

腰の反り返り
妊娠中におなかが大きくなると、バランスを取るために腰が反りかえります。産後にそれが残っているような状態で、仰向けで寝ると腰が浮くような感じになってしまい痛みを起こしていると考えました。
施術で腰の反り返りを取るようにアプローチしたのと、骨盤が開いていると腰が不安定で反り返りやすくなるので、骨盤を閉めるようにアプローチしていきました。
産後骨盤を閉めていくには、股関節と臀筋が大切です。また長時間の抱っこで腰が反りかえりやすいので、そのあたりの指導もさせていただきました。

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > 産後のケア(腰痛、腱鞘炎など) > 産後2ヶ月。仰向けで寝ると腰が痛い(20代女性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2013 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.