トップページ > 症例報告 > 慢性腰痛 > 長時間仕事で座っていると背中が痛くなる(30代女性)

長時間仕事で座っていると背中が痛くなる(30代女性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

2013年03月21日 category : 慢性腰痛, 症例報告, 背中の痛み 

だいぶ前からある症状だが、長時間デスクワークをしていると背中が痛くなる。痛みの場所は腰のやや上で、座っている姿勢もだいぶ悪いことは自覚しているが、仕事をしていて2時間も座っていると背中が張ってくる、硬い感じがする、背中が伸びないなどの症状が出る。ひどいときは朝起きても背中の張りが残っている。年々ひどくなってきているように感じているので、しっかり治そうと思いインターネットで調べてサンフラワーカイロプラクティック横浜に来院した。

<初診時状態>
・立っている姿勢を見ると、背骨全体的な湾曲が少なくなってきてストレートスパインの状態になっている。
・座っている状態で姿勢をみると、腰が落ちたような座り方、背中全体的な丸まりが目立つ
・肩の位置が大きく前に行っている
・骨盤の歪みと背中の歪みが大きい
・可動域検査をすると、腰を反らすような動きが著しく硬い

<経過>
背骨の湾曲が失われていることと、背骨の関節がスムーズに動いていないことが原因と考え治療を行った。
初回はまず骨盤周りから施術し、腰を立たせるようにアプローチ。肩が大きく前に入っているので肩を伸ばすストレッチ、背中を伸ばす施術を行う。

2回目(1週間後)。翌日~4日目までは快調だった。その後また背中に張りを感じるようになってきた。継続してアプローチ。自分で行うエクササイズを教えた。

3回目(1週間後)。以前の状態を10くらいとすると、今は3~4くらい。

4回目(1週間後)。調子いい。
その後は治療間隔を空けながら、定期的にメンテナンスで施術している。

担当 小幡コメント

後弯座っている状態でつらくなるとの話だったので、座っている姿勢を分析しながら施術を行いました。座っている姿勢では左図の右側(過剰な後弯)になっていて、腰が落ちて背中が丸まりすぎでした。ちょうど後弯の頂点あたりに負荷がかかって痛みを起こしていたので、背中が丸まりすぎないように姿勢を変えることを目標に施術しました。

 

具体的には骨盤を正して腰が落ちにくいようにし、肩の位置を調整して背中が伸びるようにしていきました。

 

 

このような痛みを訴える方は多いので、是非ご相談ください。

 

 

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > 慢性腰痛 > 長時間仕事で座っていると背中が痛くなる(30代女性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2013 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.