トップページ > 症例報告 > 妊娠中の症状(腰痛や股関節痛など) > 妊娠7ヶ月。右お尻が痛むのと、やたら足がつる(20代女性)

妊娠7ヶ月。右お尻が痛むのと、やたら足がつる(20代女性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

1ヶ月前から右のお尻に違和感を感じ、2週間ほど前から右のお尻が痛くなった。痛みは立ち上がるときや一歩目を踏み出す時、寝返りのときに痛く、歩き始めてしまえばそれほど痛くない。最初の違和感の頃よりは状態は悪いが、2週間ほど前に痛みに変わってからは良くもなっていなければ悪くもなっていないという感じ。放っておいても治る気配がなく、針にいったが妊娠中だからということであまりやってもらえなかった。さらに最近、やたら明け方にふくらはぎがつる。2日に一回くらいつるような感覚がある。
妊娠中はしょうがないのかなと思っていたが、サンフラワーカイロプラクティックの症例報告で似たような症状がよくなったのを見て、来院した。

<初診時状態>
・痛みを避けるために、左足重心になっている
・骨盤が開いてきており、右臀部の筋肉が硬い
・右足で片足立ちになると、痛みがある
・お尻の筋肉を押しながら片足立ちになると、痛みが減少する

<経過>
骨盤が開いてきて骨盤を支えるためにお尻の筋肉が緊張していると考え治療を行った。
初回は骨盤を閉める方向に調整し、お尻の筋肉を緩めるアプローチ。股関節周りを調整して片足立ちになってもらったところ、痛みは4割減。その状態でトコちゃんベルトを着けてもらったところ、痛みは8割減。
治療で骨盤を安定させると同時に、自分でも骨盤を安定させるトコちゃんベルトを使ってもらうことに。

2回目(5日後)。この前よりは調子がいい。あと、この5日間、足が1回しかつらなかった。継続してアプローチ。

3回目(5日後)。寝返りだけ痛む。それ以外はOK。足も全くではないが、以前よりつらなくなった。

4回目(1週間後)。だいぶよい。少し間隔を空けながら、妊娠中もメンテナンスしていくことに。

担当 小幡コメント

骨盤が開いてくるのが早すぎて、骨盤を安定させるためにお尻の筋肉が緊張していると考えました。妊娠中なのに骨盤を閉める方向へアプローチというと誤解を生むのですが、意味としては『開くのが早すぎるので、それを抑える』という感じです。出産に向けたプロセスなので骨盤が開いてくるのは正常なのですが、早すぎると腰やお尻、股関節の筋肉が固まってしまいます。
妊婦さんが足がつるのはなかなか対処しづらい部分なのですが、股関節や足回りを緩め血行をよくしたために改善されたのでしょう。

妊婦さんでお尻が痛い方は是非。

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > 妊娠中の症状(腰痛や股関節痛など) > 妊娠7ヶ月。右お尻が痛むのと、やたら足がつる(20代女性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2012 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.