トップページ > 症例報告 > 手のしびれ > 1ヶ月前から左手にしびれ。整形外科では頸椎が狭いと言われた(30代女性)

1ヶ月前から左手にしびれ。整形外科では頸椎が狭いと言われた(30代女性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

特に思い当たるきっかけはないが、1か月前から左手がしびれるようになった。基本、一日中しびれていて、それがお昼過ぎくらいからしびれが強くなる。一日の終わりにかけてどんどんしびれが強くなるような感覚だが、朝起きると軽くなっている。

2週間前に整形外科に行きレントゲンを撮ってもらったら、頸椎の5番目と6番目が狭くなっていると言われた。そこで牽引とホットパックのリハビリを行い、筋肉を緩める薬と神経を再生させる薬を処方されたが、未だに変化がない。

牽引をされているときも、しびれが軽くなるわけではなく変化がない。

このままリハビリを続けても治りそうな感じがしなかったので、友人に相談したら行きつけのカイロプラクティックがあるとの話だったので、紹介でサンフラワーカイロプラクティック横浜に来院した。

 

<初診時状態>

・しびれは手全体というよりも、肘から先、特に小指側という感じ

・首の可動域検査をしてもしびれが軽くなったり強くなったりしない

・左手を挙げる動作をして、そこから肩を後方に持っていくとしびれが強くなる

・左肩が前方に変位している

 

<経過>

首に負荷をかけてもしびれが変化せず、肩に負荷をかけたときにしびれが増強していたので、胸郭出口症候群の要素が強いと考え治療を行った。

初回は肩の前方変位の原因になっている胸の筋肉を緩めるアプローチをしっかり行い、肩甲骨に可動域をつける治療と頸椎に可動域をつける治療を行った。治療後はしびれが半分くらいになった。

2回目(5日後)。治療後翌日、翌々日はしびれはいつもの50%程度だったが、3日目くらいからまた元に戻り始めた。肩のストレッチを追加し、さらに治療範囲を広げて骨盤の調整。

3回目(4日後)。この4日間、最初の状態を10とすると4くらい。

4回目(5日後)。状態は2くらい。

5回目(4日後)。ほとんど感じない。

しびれの状態は良さそうだったので少し治療間隔を空けてみて様子をみることに。

 

担当 小幡コメント

頸椎が狭くなっている状態であれば、基本的には首を動かす動作をすると、ある特定の方向でしびれが増強します。しかしこの方はそれがなく、むしろ肩を動かすとしびれが増強するので、胸郭出口症候群という肩のあたりで神経が圧迫されているのではないかと考え治療を行いました。

特に小胸筋という、胸の奥にある筋肉の緊張が神経に触れていたようで、ここの緊張を取ったところしびれは消えました。

レントゲンで頸椎が狭くなっているといわれても、原因はほかのところにあることはよくあることです。

牽引治療でよくならない場合は、ほかの視点から見てもらえる治療院を探すことをオススメします。

 

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > 手のしびれ > 1ヶ月前から左手にしびれ。整形外科では頸椎が狭いと言われた(30代女性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2012 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.