トップページ > 症例報告 > 坐骨神経痛 > 左お尻の痛みがあり、左足にしびれ。椎間板ヘルニアと診断された(30代男性)

左お尻の痛みがあり、左足にしびれ。椎間板ヘルニアと診断された(30代男性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

1年前に特に思い当たるきっかけもなく左お尻に痛みが走り、その後左足がしびれるようになった。整形外科にいったところ椎間板ヘルニアと診断され、病院で投薬とリハビリを2か月行っていたが全然変化はなく、通院をやめて放置したいたら半年後くらいに気がついたら症状がなくなっていた。

1週間前に買い物で重たいものをたくさん持って歩いていたところ、症状が再発。また放置していれば治るかと思ったが徐々に悪化してくるため整形外科でブロック注射を打った。少し緩和されたような気がするが、今回は早く治したいと考えインターネットで検索して来院した。

 

<初診時状態>

・左側に重心が乗っているような姿勢になっており、腰椎のカーブが少なくなっている

・前屈するとお尻に鋭い痛みが走る。足のしびれは同じくらい。

・左に身体を反らすとお尻にやや痛みが走る。

・SLR(坐骨神経検査)は陰性。しびれの誘発はない。

 

<経過>

椎間板ヘルニアよりも臀部の筋肉の問題が強く出ているように感じたので筋肉のバランスを改善する治療を行った。

初回は手で臀筋を緩め、左骨盤の関節の動きを滑らかにする施術。股関節周りを緩めると同時に、太もも裏(ハムストリング)をしっかり伸ばした。治療後は前屈の可動域が改善。

2回目(3日後)。足のしびれはなくなった。お尻の痛みはこの前よりもやや強く感じる。継続治療。

3回目(4日後)。3時間くらい立っているとお尻の痛みが出てくるが、以前ほどではない。

4回目(4日後)。立ち仕事で夕方くらいになると少し痛みが出てくる。

5回目(1週間後)。この1週間はやや違和感がある程度で痛みには至らず。

6回目(2週間後)。全く問題なし。

状態もよさそうだったのでこれで様子を見てもらうことに。

 

担当 小幡コメント

椎間板ヘルニアと診断されたとのことでしたが、症状としては左のお尻の筋肉のトリガーポイントからの影響が強そうでしたので筋肉へのアプローチをメインに行いました。トリガーポイントというのは、筋肉に強いコリ・塊が出来たときに、そこが過敏になってその部分が痛むようになるだけでなく、しびれを起こすようになるものです。

足のしびれは一回の治療で改善し、お尻の痛みも順調に回復していきました。
お尻の痛みや足のしびれでお悩みの方は是非ご相談ください。

 

 

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > 坐骨神経痛 > 左お尻の痛みがあり、左足にしびれ。椎間板ヘルニアと診断された(30代男性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2012 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.