トップページ > 症例報告 > 手のしびれ > 元々肩こりがあったが、最近右手がしびれるようになった(30代女性)

元々肩こりがあったが、最近右手がしびれるようになった(30代女性)
横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

元々肩こりが強かった。1ヶ月前くらいから首の張りが強く感じるようになり、それを放置していたら右手がしびれるようになってきた。
しびれは右の肩あたりから右肘あたりまでしびれる。首の張りが強くなるとしびれが強くなるように感じており、仕事で長時間パソコンを使っているとしびれが強くなる。朝はあまりしびれを感じない。
整形外科に行ってみたが、首の骨は大丈夫といわれてビタミン剤を処方されたが、あまり治りそうな感じがしなかったのでインターネットで検索して来院した。

 

<初診時状態>
・姿勢を見ると、首がやや右側に倒れ、右肩が前に入っているような状態
・首の可動域を検査すると、右に倒したときと後ろに倒したときにしびれが増強する
・少し姿勢を正して上記の動作をすると、しびれが軽減する
・神経学的な検査は異常はない

 

 

 

 

<経過>
頸椎の関節に負荷をかけるとしびれが増強しているので、頸椎の関節症によるしびれと考え治療を行った。
初回はまず負荷がかかって痛みを起こしている頸椎下部、右側の関節への負担を取り除くために、胸を開くストレッチ、背中を伸ばす背骨の調整を行い、頸椎の動きを整える治療を行った。治療後は首の張りが6割くらい消失。
2回目(5日後)。しびれは出るが、今まで1時間もデスクワークすれば出ていたしびれが3時間くらいはデスクワークできるようになった。継続治療。
3回目(6日後)。初回に比べ、しびれの強さは6割減。
4回目(7日後)。だいぶしびれが出なくなったが、夕方に少し感じる。
5回目(7日後)。この1週間、しびれなし。
6回目(2週間後)。しびれはない。状態はよさそうだったので、これで様子を見てもらうことに。

 

担当 小幡コメント

頸椎の関節の痛みが、肘まで飛んでいる状態(関連痛)でした。これは神経を圧迫しているしびれではなく、首の関節の痛みが肘まで響いて感じるような状態です。

頸椎の関節が圧迫されているような状態になっており、そのために関節が固着したため痛みを起こしていたようでした。神経を圧迫しているしびれとの違いはいくつかありますが、しびれの性質や神経的な異常(感覚など)に異常がなく、整形外科でも骨による神経の圧迫は見られなかったため、関節痛と考えました。

このタイプのしびれは、カイロプラクティックの得意とする分野の一つです。原因不明のしびれでお悩みの方は、一度カイロプラクティックへどうぞ。

 

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
トップページ > 症例報告 > 手のしびれ > 元々肩こりがあったが、最近右手がしびれるようになった(30代女性)

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2012 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.