トップページ > こんな症状に > スポーツ障害

スポーツ障害

横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

カイロプラクティックはスポーツ障害にも有効で、アスリートでもカイロプラクティックケアを取り入れている選手はとても多いです。
それぞれの選手によって、施術の目的も変わってきます。
怪我など故障からの早期復帰を目指すためのカイロプラクティックケア、パフォーマンス向上のためのカイロプラクティックケア、日々のメンテナンスとしてのカイロプラクティックケアなど様々あります。

ここでは比較的多い症状について、説明していきます。

肩・肘・手首などのケア

野球肩

野球選手に見られる肩の障害。投げるときの痛みや違和感などがあります。バドミントンやテニスで肩を痛めるのも、野球肩と似ています。
インピンジメント(挟み込み)症候群、腱の痛み、筋肉の痛み、関節の損傷など様々あります。

テニス肘

外側上顆炎と言い、肘の外側が痛みます。テニスのバックハンドの動きで痛めることが多いためテニス肘と呼ばれますが、テニス以外の種目でも外側上顆炎になることがあります。

ゴルフ肘

内側上顆炎と言い、肘の内側が痛みます。ゴルフのスイング動作で痛めることが多いためにゴルフ肘と呼ばれますが、テニスや野球でも痛めることがあります。

手首の腱鞘炎

手首の酷使で腱鞘炎を起こすことがあります。

腰(腰痛)・股関節のケア

腰痛

スポーツ選手にとって、腰は様々な動作のカナメとなります。どの種目でも腰に負担がかかることがありますが、野球、自転車(ロードバイク、MTB)、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール、柔道などの種目で来院される方が多いように感じます。

股関節痛

股関節もあらゆる種目において重要な部分です。ほとんどの種目において、構えはやや前傾姿勢になります。このとき、股関節の柔軟性はとても重要な部分です。

膝・足首のケア

膝痛

あらゆる種目で起こりうる膝の痛みですが、サッカー、バスケットボール、バレーボール、ロードバイク、マラソンなどで起こりやすい障害です。長距離ランナーでは膝の外側が痛くなる腸脛靭帯炎が多いように感じます。

足首の痛み

捻挫が最も多い障害です。捻挫後の痛みや違和感などにはカイロプラクティックが有効です。

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎

アキレス腱は様々なスポーツで痛めやすい場所で、ランナーやジャンプを繰り返す競技でよく見られます。

 

 

スポーツ障害の症例

 

お問い合わせ

電話したい方はこちら⇒電話をかけます(045-642-4912)
(スマホ、iphone、携帯の方はクリックすると電話できます)
 
メールしたい方はこちら⇒インターネット予約へ 

 

横浜の整体・カイロプラクティック

 

トップページ > こんな症状に > スポーツ障害

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2012 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.