トップページ > こんな症状に > 産後の症状 > 産後の腰痛、お尻の痛み、股関節痛

産後の腰痛、お尻の痛み、股関節痛

横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

産後の身体は、思った以上に負担を受けています。
まず一つは、妊娠中・出産で起こった身体の変化を元に戻していく作業。
骨盤が開き、不安定になっているのを少しずつ元に戻していく必要があります。
さらに抱っこによる負担、子供に合わせた生活になるために疲労が大きく、様々な痛みを起こしやすい状態です。

 

産後に起こる腰痛やお尻の痛み、股関節痛など【骨盤周りの症状】は、これらが重なって起こった結果です。

1、骨盤の変化

妊娠後期から出産にかけて、骨盤は大きく開きます。
骨盤が開くと仙腸関節という骨盤の関節が不安定になります。
不安定なままだと身体としては困るので、骨盤周りの筋肉(腰、お尻、股関節の筋肉)を緊張させて骨盤を安定させようとします。

産後は少しずつ元に戻していく時期なのですが、これに抱っこの負担や育児の疲労などが重なって腰痛やお尻の痛み、股関節痛など骨盤周りのトラブルを起こしやすくなります。

また、骨盤が不安定な状態から戻っていく段階で、どうしても骨盤のズレが生じやすく、これが左右のアンバランスを生む原因になります。

2、腰の反り返り

妊娠後期からおなかが大きくなるにしたがって腰は構造的に反り返ります。
反り返りが起こると、腰椎の関節を圧迫してしまうとともに、反り返りが続くことで腹筋が著しく低下してしまいます。
腹筋が弱くなると腰はさらに反り返るのですが、それに加え抱っこの姿勢で腰が反り返ってしまい、負担をかけてしまいます。

産後は少しずつ腹筋を戻していく必要があります。

 

サンフラワー カイロプラクティック横浜では・・・

産後の骨盤のケアは重要で、産後はまず骨盤ベルトなどでしっかり骨盤を固定することが重要です。

そのうえで骨盤矯正を行うと、より安定しやすくなります。

産後は思った以上に体力が失われ、さらに筋力も低下しています。妊娠前はジムで筋トレしていた人が、産後は一回も腹筋が出来なくなっていることもよくあることです。

しかし、いきなり筋トレなどを行うと、刺激が強すぎて余計調子が悪くなることがあります。

産後は日常生活で筋力を少しずつ回復させ、そのうえでカイロプラクティック治療を受けると効果は高まります。

 

産後のケアのおおよその目安

痛みがそれほどないけど骨盤を整えたいという方

産後は骨盤ベルトを使って骨盤を安定させ、一か月過ぎあたりからカイロプラクティック治療を始めるのがいいでしょう。

状態にもよりますが、3回~5回くらいの治療で骨盤は安定してきます。

産後痛みが激しく困っている方

産後一か月以内でも治療を開始することができます。骨盤ベルトは使ったほうがいいですが、骨盤ベルトを使うと余計調子が悪くなる方も稀にいますので、使っていて余計痛みを感じるようでしたら使用しないほうがいいでしょう。

 

産後のケアの症例


 

お問い合わせ

電話したい方はこちら⇒電話をかけます(045-642-4912)
(スマホ、iphone、携帯の方はクリックすると電話できます)
 
メールしたい方はこちら⇒インターネット予約へ 

横浜で産後のケア(腰痛、お尻の痛み、股関節痛など)なら、横浜整体 サンフラワー・カイロプラクティック横浜へ

横浜の整体・カイロプラクティック

 

トップページ > こんな症状に > 産後の症状 > 産後の腰痛、お尻の痛み、股関節痛

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2012 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.