トップページ > こんな症状に > 妊婦(マタニティ)のケア

妊婦(マタニティ)のケア

横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

妊娠中は通常の身体の状態と異なり、身体には様々な変化が起こります。
妊娠中の身体はデリケートなので、妊婦さんの治療(マタニティ整体)は注意を払いながら安全に行われなければなりません。

妊娠中に特に多い症状には以下のものがあります。

腰痛や足の付け根の痛み、お尻の痛み、骨盤の痛み、背中や肩などの張り、足のむくみやこむら返りなどが起こります。

 

妊娠中に起こる身体の変化を、力学的な面から見ていきましょう。

1、腰の反り返り

マタニティ整体|サンフラワーカイロプラクティックおなかが大きくなるにつれて、バランスを取るために腰は反り返るような形になります

腰が反り返ると、腰椎の関節を圧迫してしまい痛みが出たり、腹筋側と背筋側のバランスがおかしくなり痛みや違和感が出やすくなります。

特に、腹筋は伸ばされ弱くなり、その代わりにおなか側にあり腰と股関節を結ぶ大腰筋が緊張します。この筋肉が足の付け根の痛みや腰痛に関わることが多いです。

また腰が反り返った分、背中のカーブも変化するので背中や肩の張りもよく見られます。

2、骨盤の開き

妊婦整体|サンフラワーカイロプラクティック妊娠後期になると出産に向けて骨盤が開いていきます。骨盤が開くと仙腸関節という骨盤の関節が不安定になる分、お尻の筋肉が硬くなり骨盤を安定させようとします。

中には左右均等に開いてこないで、どちらかの骨盤が結構開いているのに反対側はそうでもないというアンバランスが見られる方もいます。

このようなアンバランスが腰痛やお尻の痛み、足の付け根の痛みなどを起こします。

 

 

3、血流の低下

股関節のあたりには、大腿動脈という足のほうに向かう大きな血管があります。

おなかが大きくなるにつれて大腿動脈が圧迫され、足のむくみやこむら返りなどの原因となることがあります。

おなかが大きくなるにつれて体重自体も増加するので、どうしても身体を支える足には負担がかかり、さらにこのように血流が低下してむくみやこむら返りが起こるのです。

 

妊婦さんに多くみられる症状

check腰痛
check股関節痛
check足の付け根の痛み
checkお尻の痛み
check肩こり
check背中の張り
check頭痛
checkむくみ
checkこむら返り

など

 

サンフラワー カイロプラクティック横浜では・・・

横浜の整体|サンフラワーカイロプラクティック妊娠中は様々な変化が起こるため、腰痛やお尻の痛み、股関節痛など骨盤周りのトラブルが起こりやすくなります。当院では安全に妊婦さんでも受けられるよう妊婦さん用のクッションを使ったり、横向きでの施術を行います(画像は妊婦さん用のクッション。少しわかりづらいかもしれませんが、おなかの部分がくり抜かれた構造になっているため、妊婦さんでも安心してうつ伏せが可能です)。

妊娠のステージによって、できることとできないことがありますが、当院ではできる範囲で筋肉を緩め、出産に向けてなるべく痛みがない身体にできるよう工夫をしています。

過去の実績では、妊娠初期(4週)の方から、出産予定日1週間前の臨月の方まで対応してきました。

妊娠中は今までにない身体のつらさが出やすく、気持ち的にもイライラしがちです。

マタニティカイロプラクティックで身体のつらさを吹き飛ばし、安心して出産の準備ができるようにしましょう。

check妊娠中に身体が痛くなったが、妊婦OKの整体やカイロプラクティックがなかなかなくて困っている
checkずっと通っていた治療院から、妊婦はダメと断られてしまった
check妊婦でも安心して受けることができそうなカイロプラクティック、整体を探している
check妊娠していてうつ伏せになることが怖い

こんな方にはサンフラワーカイロプラクティックがお勧めです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
妊娠中は身体がつらくなるのに、妊婦さんOKの治療院は少なく、妊婦さんOK!とかマタニティ整体やってます!と書いてあっても本当に安全なのか心配な方も多いと思います

そこで当院で行っている妊婦さんへの施術例を紹介します。

 

●安全性

本当に安全なの?と心配になる方も多いでしょう。

私は過去に、妊娠4週の妊娠初期の方から、1週間後が出産予定日という臨月の方まで対応してきました

 

もちろん、普通の方と同じような施術をするわけではありません。

どうしても触れない場所があったり、取れない体制があったりするので妊娠何ヶ月か、どれくらいお腹が出ているか、特別なことがないかなど確認していきます。

最低限確認する事項としては

・痛みやつらさを抱えている部位(腰痛、肩こり、股関節痛など)

・どのようにしてその痛みやツラサが起こるようになったのかなど詳しい問診

・妊娠何ヶ月か?

・お腹の出具合

・切迫(切迫流産、切迫早産)の傾向

・検診で引っかかったことなどないか?

・その他、施術を受けるうえで不安なことなど

 

これらを元に、どのような方法が安全に、かつ早く痛みやつらさを取れるかを考え施術を組み立てます。

私の経験では、ほとんどの妊婦さんにクッションを利用してうつ伏せになってもらいます。(症状にもよりますが)

画像では分かりにくいのですが、おなかに当たる部分が丸くくり抜かれていて、妊婦さんの大きなおなかがこの窪みにスッポリ入るようになっています

 

人によってはこれを使ってもやっぱり苦しい、不安などを訴える場合もあるので、まず一度これでうつ伏せになっていただき、苦しさや不安感などを確認します。

苦しさ、痛み、不安感などがある場合には、うつ伏せにはせず横向きでの施術を基本に行います。

症状や状態などによっては、最初からこのクッションを試さず横向きでの施術を行うこともあります。(例:妊娠後期の腰痛、妊娠中のギックリ腰など)

 

●施術方法

これは症状や状態によって違うので、必ずこうする、というのはないのですが、妊婦さん全体に当てはまることとして、普通の人よりも緩やかな刺激で施術するケースが多いです。妊婦さんの身体は非常にデリケートなので、強すぎる刺激はNGです。

ボキボキされたりするのか?と心配な方も多いでしょう。これも症状や状態によるのですが、どうしても関節の矯正が必要と考えられるケースでも、ゆっくり関節を動かすテクニックを用いたり、少しだけ『コリっ』と音が鳴る程度の刺激になる場合が多いです。

また妊娠初期、妊娠後期の場合、腰に対して矯正音が鳴る矯正は基本行いません。筋肉をゆっくり緩めるテクニックや、ゆっくり身体を伸ばすようにして調整する方法などをメインに行います。

過去に施術した妊婦さんからも、安心して受けることができるとお喜びいただいています。

 

●その他

妊婦さんはお腹が大きくなるにつれ、心臓や肺が圧迫されて呼吸が浅く、息切れしやすくなります。また、クラクラしたり貧血傾向が出やすかったりなど、普通の状態とは大きく身体が違うわけです。

サンフラワーカイロプラクティック横浜では、これらの状態を踏まえ、常に患者様の状態を確認しながら施術していきます。

 

妊婦さんを実際に施術した症例の一部を紹介しています。

是非ご参考にされてください。

妊娠中の症状の症例

お問い合わせ

電話したい方はこちら⇒電話をかけます(045-642-4912)
(スマホ、iphone、携帯の方はクリックすると電話できます)

メールしたい方はこちら⇒インターネット予約へ

横浜の整体・カイロプラクティック

横浜の整体・カイロプラクティック

 

トップページ > こんな症状に > 妊婦(マタニティ)のケア

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2012 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.