四十肩・五十肩

横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

四十肩、五十肩は肩関節周囲炎とも呼ばれ、肩関節が炎症後に硬縮しているような状態です。

40代で起こるものを四十肩、50代で起こるものを五十肩と呼んでいますが、本質的に同じものです。

 

四十肩・五十肩の主な症状

check肩を挙げると痛い
checkほとんど肩を挙げることができない
check痛みで目が覚めてしまうことがある
check着替えや洗髪などの日常生活も困難なほど肩を動かせない

 

四十肩・五十肩は明確なきっかけがなく始まることが多く、肩を痛めた等思い当たるきっかけがなく始まることが多い症状です。

大きく分けて3つのステージに分けることができます。

1、炎症期

症状が強い時期で、肩関節に炎症が起こり非常に強い痛みを起こす時期です。少し動かすだけでも痛みがあったり、動かさなくても痛みが強い場合も多いです。

夜に痛みが強い状態は、この炎症期に当たります

この時期は関節に炎症が起こっているので、無理に動かすと炎症が悪化してしまうことがあります。例えば、皮膚を擦りむいたときに、グチュグチュになった傷口を触ったりしていると治りが悪いですよね。四十肩・五十肩の炎症期は肩関節が傷ついて炎症を起こしている時期ですので、まずは冷やしたり場合によっては病院で注射したりなどで炎症を抑える必要があります。

多くの場合、1,2ヶ月で炎症期は治まります。

 

2、慢性期

急性期で起こった炎症が治まり、炎症後に関節や筋肉の癒着が起こっている状態です。安静にしていると痛みはないが、動かすと激痛が走ったり、ほとんど動かせない状態になったりします。

この時期ではカイロプラクティックは有効で、関節に動きをつけるアプローチや筋肉を緩和するアプローチが有効です。自宅でもできる範囲でリハビリを行ってもらいます。

 

3、回復期

だんだんと痛みや動かしづらさが取れてきている時期です。

この時期は積極的に動かすようにアプローチし、比較的回復も早くなります。

 

サンフラワー カイロプラクティック横浜では・・・

四十肩・五十肩の人を見ると、肩を痛めた明確なきっかけがない方が多いです。しかし元々姿勢が悪かったり肩甲骨の位置が悪い方に症状が起こりやすいように感じています。

特に多いのは、肩の位置が前に変位してしまい、肩甲骨が外側に開いている状態です。この状態では胸の筋肉が縮こまり、肩の裏側の筋肉は大きく引き伸ばされている状態でアンバランスを起こしています。

当院では肩甲骨と肩関節の動きをつける治療と、腋の下の筋肉を緩和する治療をメインに行います。
四十肩・五十肩の場合、ちょっと肩を動かすだけでも痛みが大きい場合があります。
サンフラワーカイロプラクティック横浜での治療は、痛みを我慢して無理矢理動かすわけではありません。
『動きをつける治療』というのは、例えばですが肩を挙げるのが痛くてできない場合に、ほんのわずかに肩に牽引を加えながらだと動かせる場合があります。またある場所を抑えながらだと肩を挙げることができる場合があります。
このように人それぞれポイントとなる場所は違うのですが、きちんと見極めながらだと肩の可動域をどんどん増やすことができます。
比較的時間がかかる症状ではありますが、しっかり治療を行うことで早期回復が見込める症状です。

check整形外科に通っているが、四十肩・五十肩が良くならない
checkほかの整体や整骨院に通っているが、なかなか肩の痛みが取れない
checkもっと効果的な整体やカイロプラクティックを探している

こんな方にはサンフラワーカイロプラクティックがオススメです。
当院は横浜(東神奈川)にある国際基準のカイロプラクティック治療院です。

 

四十肩・五十肩の症例

お問い合わせ

電話したい方はこちら⇒電話をかけます(045-642-4912)
(スマホ、iphone、携帯の方はクリックすると電話できます)
メールしたい方はこちら⇒インターネット予約へ

横浜の整体・カイロプラクティック

 

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2012 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.