梨状筋症候群

横浜(東神奈川/東白楽)で人気の整体|サンフラワーカイロプラクティック

denbu梨状筋はお尻の深部にある筋肉で、梨状筋のすぐ下を坐骨神経が通っています。
そのため梨状筋が緊張し硬くなると坐骨神経を圧迫してしまい、坐骨神経痛や足のしびれを起こすことがあります。

梨状筋が硬くなり坐骨神経を圧迫している状態を、梨状筋症候群と呼んでいます。

 

 

主な梨状筋症候群の症状

checkお尻から太もも裏、ふくらはぎ、足先と広がるような痛みやしびれがある
check痛いほうのお尻に体重をかけるように座ると、痛みがひどくなる
check足を組んでいると、しびれや痛みがひどくなる
check長時間座っていることが困難
check痛みがある足を下にして横向きで寝ると痛い
など

 

サンフラワー カイロプラクティック横浜では・・・

梨状筋は骨盤の真ん中にある仙骨と股関節を結んでいる筋肉です。従って、骨盤のゆがみや、股関節のゆがみがあると梨状筋が緊張状態から取れないことが多く、まずは骨盤・股関節周りをしっかりチェックしていきます。
特に股関節の硬さから来ているケースは多く、股関節に関わる筋肉(前側、後ろ側)をしっかりチェックし治療していきます。
同じような症状を出す疾患に椎間板ヘルニアなどもありますが、梨状筋症候群は椎間板ヘルニアよりは改善が早いです。
筋肉をただ緩めるだけでなく、関わっている関節をしっかり正すことで早期改善が見込めます。

梨状筋症候群は坐骨神経痛の一種で、似たような症状を出すものはほかにもいくつかあります。
そのため、当院では坐骨神経痛(腰痛と足の痺れ)を訴える方に対してしっかりと検査を行い、どこが原因で痛みや痺れが起こっているのかを見極めることを重視しています。

check腰痛と足の痛み・痺れがある
check長年坐骨神経痛を患っている
check整形外科で梨状筋症候群と言われたが、なかなか改善しない
checkほかの整体やカイロに行っても効果がなかった
check早く梨状筋症候群の痛みから解放されたい

こんな方にはサンフラワーカイロプラクティックの施術が有効です。
当院は横浜(東神奈川)にあります。

梨状筋症候群の症例

お問い合わせ

電話したい方はこちら⇒電話をかけます(045-642-4912)
(スマホ、iphone、携帯の方はクリックすると電話できます)

メールしたい方はこちら⇒インターネット予約へ

横浜の整体・カイロプラクティック

横浜の整体・カイロプラクティック

 

メルマガ登録はこちら

予約の空き状況

お友達のサイト

フェイスブックでのお知らせ

Sponsored by

Copyright(c) 2012 横浜の整体院サンフラワーカイロプラクティック All Rights Reserved.